バイオハザードシリーズで好きなハンターの種類ランキングTOP5【果たして1位はどのハンターか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだバイオハザードシリーズで好きなハンターの種類ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【バイオハザードシリーズで好きなハンターの種類ランキングTOP5】

1位 「ハンターγ」

バイオハザード3に登場したハンター。

従来のハンターとは打って変わり、カエルの様な見た目をしているのが特徴的。

目や歯が無いところも一層不気味である。

極め付けは即死攻撃である「丸飲み」。

こんなのに生きたまま丸飲みされるくらいなら、まだ首切りの方がマシだと思う。

登場回数は多くないのにも関わらず、とても印象に残るハンターであった。

2位 「ハンターα」

バイオハザード1に登場したハンター。

シリーズで初登場したハンターであり、単にハンターと言えばこのハンターを思い浮かべる人も多いだろう。

プレイヤーがゾンビの恐怖に慣れた頃、それを図ったかのように登場する。

ハンター視点で描かれた登場シーンは、得体の知れない何かが迫ってくる恐怖感が凄かった。

即死攻撃である「首切り」を備えており、ある意味ヘタなボスよりも脅威であった。

3位 「ハンターβ」

バイオハザード3に登場したハンター。

頭部から肩にかけて赤い肉腫が盛り上がっており、醜い見た目となっている。

ハンターαと比べて攻撃力は多少落ちているがその分敏捷性が増しており、銃弾を軽く避ける程となっている。

病院のロビーにおいて、横からスタっと現れたのが印象的。

4位 「ハンター改」

バイオハザードCODE:Veronicaに登場したハンター。

基本性能はハンターαと同等だが左目に機械が取り付けられており、これを元にある程度の制御が可能になっている為、兵器としての実用性は高くなっている。

ただ、爬虫類の見た目に機械は似合っていない。

5位 「スウィーパー」

バイオハザードCODE:Veronicaに登場したハンター。

ハンター改の亜種であり、毒を持っているのが特徴。

ハンターの攻撃力に毒が加わるというのは、厄介極まりない存在であった。

終わりに

以上、バイオハザードで好きなハンターの種類ランキングをお送りしました。

一口にハンターと言っても、その種類は様々ありますね。

ハンターが出て来ると、ゲームも中盤に入ったという感じがします。

果たして今後は新しいハンターは出て来るのだろうか?

要注目ですね。

それではまた。

バイオハザードに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク


[give_form id=”5184″]

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク