バイオハザードシリーズで好きなゾンビの種類ランキングTOP10【果たして1位はどのゾンビか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選ぶバイオハザード シリーズで好きなゾンビの種類ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。




スポンサーリンク


【バイオハザード シリーズで好きなゾンビの種類ランキングTOP10】

1位 「振り向きゾンビ」

バイオハザード1に登場したゾンビ。

洋館に逃げ込んだクリスまたはジルが最初に遭遇したゾンビである。

それと共にプレイヤーも初遭遇するゾンビであり、振り向くシーンは非常に衝撃的だった。

ここからバイオハザードの悪夢が始まることとなる…。

2位 「ウーパー」

バイオハザード6に登場したゾンビ。

ウーパーという固有名詞が付いているが、要するにデブのゾンビである。

ただその戦闘能力は高く、大型バスを両手で掴んで発進を妨害する程の筋力を誇る。

ボスとして登場し、プレイヤーを苦しめた。

3位 「クリムゾン・ヘッド」

リメイク版バイオハザードに登場したゾンビ。

ゾンビは動きが鈍い」という常識を覆し、素早い動きに加えて鋭利な爪で攻撃してくる。

一度倒したはずのゾンビがいきなり起き上がり、パワーアップして攻撃してくるというのは最初かなり驚いた。

また、ボスとして「クリムゾン・ヘッド・プロト1」というゾンビも登場する。

4位 「ウェスカーゾンビ」

サターン版バイオハザードに登場したゾンビ。

その名の通りウェスカーがゾンビ化したものである。

ただ、ウェスカーは洋館事件で生き残っているのが正史となっているため、今となってはこのゾンビは黒歴史となっている。

5位 「ブラッドゾンビ」

バイオハザード2に登場したゾンビ。

STARS隊員であるブラッドがゾンビ化したもの。

STARSだけあって、普通のゾンビよりも遥かに強い。

倒すとコスチュームチェンジに必要な鍵を落とす。




スポンサーリンク


6位 「ゾンビ改」

バイオハザード2に登場したゾンビ。

筋肉繊維剥き出しであり、主に地下研究所内を徘徊している。

このゾンビが出ると、ゲームも終盤という感じがする。

7位 「全裸ゾンビ」

バイオハザード1に登場したゾンビ。

アークレイ研究所内を徘徊しており、先述のゾンビ改と酷似している。

同じ様に、このゾンビが出ると終盤という感じがする。

8位 「女ゾンビ」

バイオハザード2に登場したゾンビ。

1では男のゾンビしか出なかったので、待望の登場となったゾンビである。

クリーチャー界における紅一点。

ゾンビのくせに露出度が高いのが特徴的。

9位 「マービンゾンビ」

バイオハザード2に登場したゾンビ。

レオンの先輩警官であるマービンがゾンビ化したものである。

つい先程まで会話出来ていた人間がゾンビになる様子は、見ていて切なくなるものだった。

10位 「フォレストゾンビ」

リメイク版バイオハザードに登場したゾンビ。

全身に爆弾を備えている為、少しでも攻撃すると大爆発を起こしてゲームオーバーとなる。

その仕様もさることながら、登場時の音楽や歩き方がとても不気味だった。

終わりに

以上、バイオハザードシリーズで好きなゾンビの種類ランキングをお送りしました。

一口にゾンビと言っても、その種類は様々ですね。

各々の個性があります。

4以降ではゾンビはほぼ出なくなってしまいましたが、また出て来て欲しいですね。

バイオハザードと言えば、やはりゾンビ以外考えられないので。

それではまた。

バイオハザードに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

[give_form id=”5184″]

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク