【リメイク】「バイオハザード RE:2」の発売が楽しみ過ぎる件【名作】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

先日、バイオ2のリメイク作品がついに正式発表されましたね。

その名も「バイオハザード RE:2」。

バイオ2がリメイクされることは前から決定していましたが、いつまで経っても情報が出てこないのでやきもきしていました。

もしかしたら、いつの間にか開発中止になったんじゃないか…と心配になりましたし。

なので、今回正式発表されたのはとても安心しました。

そこで今回は、そんな「バイオハザード  RE:2」の発表を見た感想についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。




スポンサーリンク


【「バイオハザード RE:2」の発売が楽しみ過ぎる件】

「タイトルが良い」

まず思ったのが、「タイトルが格好良い」ということ。

「バイオハザード2 リメイク」とか「バイオハザード2 for PlayStation4」とかいうベタやタイトルじゃなくて良かったです。

かなりセンスの良いネーミングだなと思いました。

「グラフィックが綺麗」

PlayStation4で発売されることもあり、グラフィックがめちゃくちゃ綺麗ですね。

名作であるバイオ2を、あのグラフィックでプレイ出来るかと思うとワクワクします。

ゾンビとかめちゃくちゃリアルですよね。

それだけで恐怖感がかなり増した気がします。

「グロい」

グラフィックが綺麗になったことで、グロさもかなり増しましたね。

警官が下半身を食いちぎられるシーンとかヤバいです。

あとは、ゾンビを撃った時に弾が当たったところが抉れるようになったのも良い演出だと思います。

「レオンがケツアゴ化」

レオンの容姿が「誰これ?」って感じになっていますね。

美形な青年というよりは、なんか田舎臭くなりました。

それと共に驚いたのは「ケツアゴ化している」こと。

何でいきなりアゴが割れてるんだよ…。

あのアゴはどうしてもザキヤマを思い出してしまいますね。

「豆腐は出るのだろうか?」

バイオ2と言えば、豆腐の存在は欠かせませんよね。

そんな豆腐は、RE:2においても登場するのでしょうか?

かなり世界観はぶっ飛んでいますが、是非登場して欲しいですね。

リアルな豆腐を堪能したいです。

終わりに

以上、バイオハザード RE:2の感想についてお送りしました。

見た感じ凄く良さそうですよね。

当時のシステムを踏襲しつつ、グラフィックは進化を遂げているという感じで。

発売が楽しみ過ぎます。

Gやタイラントはどんな感じになっているのか?

そして豆腐は出るのか?

楽しみに待ちたいと思います。

それではまた。

バイオハザードに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク