チャイルドシートの取り付け方間違っていませんか?【取り付け方を間違えると、かえって危険な場合があります…】

Pocket

チャイルドシートと言えば、6歳未満の幼児に使用が義務付けられているシートですよね。

その理由はもちろん、「安全のため」です。

大切な子供の命を守る、大事なシートですね。




スポンサーリンク


今でこそ使用が義務化されてますが、昔はそんなものありませんでしたよね。

幼児も普通に乗ってました。

そんな状態で事故を起こしたら…と思うとゾッとします。

チャイルドシート使用が義務化された現在でも、使用していない親っていますよね。

ああいうのは何を考えているのでしょうね?

子供の安全を思えば、普通の親ならそんな行為は出来ないと思いますが…。

そんな安全の為のシートですが、取り付け方を間違えるとかえって危険な場合があるようです

今回は、そんなチャイルドシートの取り付け方についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。

【チャイルドシートの取り付け方間違っていませんか?】

「助手席は危険」

ママと子供だけで車に乗る際、助手席にチャイルドシートを取り付ける人も多いのではないでしょうか?

やっぱり助手席に乗せた方が、子供の世話がしやすいですからね。

後部座席だと運転席からはやり辛い。




スポンサーリンク


でも、この行為はとても危険なことが判明しました。

「何故危険なのか?」

その理由は主に以下の2つです。

①子供に気を取られ、運転に集中出来ずに事故を起こしてしまう。

②事後を起こした時、エアバッグが飛び出した衝撃が加わって大変危険

①はまぁ、運転手次第な気もしますが、特に重要なのは②ですよね。

安全の為のエアバッグが、逆に凶器となってしまうのです。

僕は体験したことはありませんが、エアバッグの衝撃は大人でも脳震盪を起こすくらいの衝撃らしいですね。

そんな衝撃を子供に与えないよう、チャイルドシートを助手席に取り付けることはやめましょう。

「どこに取り付けるべきか?」

以上のことから、チャイルドシートは必ず後部座席に取り付けるべきです。

後部座席だと子供の世話がし辛い等のデメリットはありますが、子供の安全には代えられませんよね。

乗り降りの時も助手席設置より大変ですが、子供の為を思って後部座席に取り付けましょう。

終わりに

いかがでしたか?

チャイルドシートの取り付けについてお送りしました。

チャイルドシートといっても万能ではなく、正しい使用方法・正しい使用法を守ることが大切です。

しかし、最も大事なことは「事故を起こさない」ということ。

チャイルドシートはあくまで、衝撃を軽減するに過ぎません。

大切な子供を守る為にも、安全運転を心がけましょう…。

これまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク