ドラえもんで使ってみたいひみつ道具ランキングTOP10!【果たして1位はどのひみつ道具か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだドラえもんで使ってみたいひみつ道具ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラえもんで使ってみたいひみつ道具ランキングTOP10】

1位 「どこでもドア」

自分の行きたい所に瞬時に行く事が出来るドア

ドアノブの所に意思読み取りセンサーが付いており、そこから行き先を判別するという仕組みらしい。

移動手段として非常に便利な道具だが、ノコギリで切断されて燃えるゴミに出されたりするところが難点である。

2位 「タイムマシン」

過去や未来に行ける乗り物。

この乗り物で未来に行き、競馬の順位を見てくれば現代で大金持ちになれる

もしくは、過去に行って高騰する前の株を買うとか。

まぁ、いかにも金にまみれた大人の使い方であるが…。

3位 「もしもボックス」

もしもこんな世界があったら」というIF世界を体験出来るひみつ道具。

作中ではのび太が優位となる様な世界が生み出されるが、実際は本人の意図とは違った方向に傾く事が多い。

とは言え、使い方次第では十分その恩恵を受けられる道具と言えよう。

4位 「四次元ポケット」

ドラえもんの腹部に付いているポケットであり、作中で最も使用頻度が高いひみつ道具。

ポケットの中が四次元空間と繋がっており、無限に物体を収納出来るという性能を持つ。

収納道具として、これ以上に相応しいものはないだろう。

旅行の時などに物凄く重宝しそうである。

5位 「ビッグライト」

光を当てたものを巨大化出来るライト。

アニメでは、ドラえもんの頭を月と同じ大きさにするといった事まで行っていた。

そんな事をしてもあまり意味は無いと思うが、水や食料に対して使えば食糧難の問題が解決するだろう。

石油に対して使えば大富豪となる事も可能ではないだろうか。

使い道が沢山あるひみつ道具だと言える。



スポンサーリンク

6位 「スモールライト」

ビッグライトの対極に位置するひみつ道具であり、光を当てたものを小さく出来るライト。

引越しの際に真価を発揮しそうな道具である。

作中では、敵を小さくして戦闘能力を無くすといった使い方もしていた。

7位 「アンキパン」

食パンに、覚えたい内容が書かれたページを写した上で食べると、その内容が暗記出来るというパン。

これさえあれば、どんな試験であっても合格間違いなしと言えよう。

ただし、食べ過ぎて下痢で排出すると全て忘れてしまうので注意が必要。

大食いの人向けかもしれない。

8位 「とうめいマント」

その名の通り、覆われたものを透明にするマント。

自分で被れば透明人間になる事が出来る。

透明人間になってやる事と言えば…言わずもがなである。

悪事に使われる事間違いなしのひみつ道具だと言えよう。

9位 「タケコプター」

作中でもトップクラスに有名なひみつ道具。

頭頂部につけると飛行する事が出来る。

飛行原理としては2種類あると言われており、揚力を原理とするものと反重力を原理とするものがある。

どちらにせよ、見てくれ的には安全性に不安を感じてしまうのは否めない。

10位 「ほんやくコンニャク」

このコンニャクを食べると、どんな生物の言葉でも話せるようになる。

人間だけでなく、動物やロボットでも有効なのが嬉しい限り。

コミュニケーションアイテムとしては最適だろう。

終わりに

以上、ドラえもんで使ってみたいひみつ道具ランキングをお送りしました。

いずれも魅力的な道具ばかりですね。

皆さんが使ってみたいひみつ道具はどんな感じでしょうか?

それではまた。

ドラえもんに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク