【評価・レビュー】「ドラゴンボールZ 復活の『F』」を観た感想【100点満点中、果たして何点か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、ドラゴンボールZ 復活の「F」を観た感想についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラゴンボールZ 復活の「F」を観た感想】

《良かった点》

「フリーザ復活」

ドラゴンボール史上最大の悪役であるフリーザが復活します。

これはフリーザファンには堪らないですよね。

ファンにとっては、これだけで観る価値があると思います。

更には「ゴールデンフリーザ」という新たな変身形態も披露しているのが見ものですね。

「新たな超サイヤ人」

超サイヤ人ゴッドを超える変身形態である「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」なるものが登場します。

長いし言いづらいですね。

SSGSSと略されていました。

後に、その見た目から「超サイヤ人ブルー」と呼ばれる様になりましたね。



スポンサーリンク

《悪かった点》

「フリーザのパワーアップ理由が苦しい」

今作のフリーザは、超サイヤ人ブルー以上の強さを誇ります。

元々は超サイヤ人1レベルだったのに、メチャクチャ強くなっていますね。

ここまで別次元に強くなっているのだから、それ相応の理由があると思いきや…

修行をしたから強くなった

たったそれだけです。

しかも期間は半年です。

たった半年修行しただけで、ここまで強くなるというのはやり過ぎですね。

もっと説得力のある理由が欲しかったです。

「悟飯の衣装がダサい」

今作の悟飯は、ジャージ姿で登場します。

ジャージですよ?ジャージ。

緑色のダッサいジャージ。

何でこんな衣装にしたのか意味わかりませんね。

セル戦での神がかった格好良さは何処へ行ったのやら…。

「パワーバランスが目茶苦茶」

ドドリアやザーボンに匹敵する程の実力」であるはずのシサミが、少なくともセルジュニア並の実力を持つピッコロと互角の勝負を繰り広げる等、パワーバランスがとにかく目茶苦茶となっています。

バトル漫画においてパワーバランスというのはとても重要なポイントなので、そこが目茶苦茶になっていたのはかなり残念でしたね。

「光線銃」

フリーザの部下であるソルベが放った光線銃が、悟空の胸を貫きました。

これにより、一気に形勢が不利に。

この展開がかなり萎えるという…。

油断していたとは言え、神の域に達することが出来る悟空ですよ?

それがあんな光線銃如きにやられるとか…。

いくら油断と言ってもあれは無いです。

かなり興醒めしました。

「3分やり直し」

フリーザによって地球が爆発されて絶体絶命かと思いきや、ウィスによってあっさりと時間が巻き戻されました。

時間を巻き戻せるとか、どんだけチートキャラなんだか…。

いざとなればビルスとウィスがいるっていうのは、全く緊迫感が無いですね。

【全体的な評価・点数】

以上の点を踏まえて、今回の作品に点数をつけるとすると…、

50点

といったところでしょうか。

フリーザが復活するという内容は良いですが、他の点が酷すぎます。

映画を公開する前に、ドラゴンボールファンに一度観てもらった方がいいんじゃないですかね。

改善点があり過ぎました。

次の作品では、もっとファンが納得する様な内容に仕上げて欲しいですね。

それではまた。

ドラゴンボールに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク