【DB】ドラゴンボールで好きなサイヤ人ランキングTOP10!【果たして1位はどのサイヤ人か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだドラゴンボールで好きなサイヤ人ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラゴンボールで好きなサイヤ人ランキングTOP10】

1位 「孫 悟空」

ドラゴンボールの主人公。

サイヤ人と言えばやはり悟空だろう。

下級戦士でありながら超サイヤ人に目覚め、その後は超サイヤ人3や超サイヤ人ゴッド…、ついには破壊神すら成し得なかった身勝手の極意に目覚めた。

今後も更なる強敵が現れる度に、強くなっていくのだろう。

果たして何処まで強くなるのか。

2位 「ブロリー」

伝説の超サイヤ人。

そのインパクトは一度見たら忘れない。

人気キャラの為、劇場版において3度も登場した。(3度目はバイオブロリーだが)

個人的には劇場版ではなく本編に登場して、Zのラスボスを飾って欲しかったと思う。

3位 「ゴクウブラック」

ザマスが悟空の身体を乗っ取った姿。

サイヤ人にカウントするか少し迷ったが、身体は悟空なのでサイヤ人ということでいいだろう。

サイヤ人の特性である「瀕死からの復活でパワーアップ」も備えているし。

ブラックについては「超サイヤ人ロゼ」がとにかく格好良いの一言に尽きる。

あのデザインは素晴らしいと思う。

4位 「ベジータ」

サイヤ人の王子であり、悟空のライバル。

悟空の強さになんとかついて行っているが、永遠の2番手感は否めない。

まぁ超ベジータ(セル第2形態戦のベジータ)の時のように、一瞬だけ追い抜いたことはあるが。

でもまた一瞬で追い抜かれる。

今後もこのパターンは変わらないだろうなぁ…。

そう考えるとベジータが不憫に思える。

5位 「孫 悟飯」

悟空の息子。

ブウ編の最初で主役を務めたが、すぐに悟空にその座を明け渡すことになる。

悟飯のピークはやはりセル戦だろう。

初めて超サイヤ人2に覚醒したシーンは鳥肌モノ。

その後はどんどん落ちぶれていき、ブウ編はまだマシだが復活Fではダサいジャージ姿で登場するという落ちっぷり。

力の大会でようやくアルティメットが復活したが、第一線からは取り残される結果となった。



スポンサーリンク

6位 「バーダック」

悟空の父親。

フリーザに倒されたが、「エピソード オブ バーダック」では過去にタイムトラベルして超サイヤ人になる。

これにより、彼が最初に超サイヤ人になった人物かと思ったがそうではないらしい。

7位 「トランクス」

ベジータの息子。

未来トランクスと現代トランクスがいる。

未来トランクスは不幸体質、現代トランクスはチャラくなっている。

未来トランクスの世界はまず人造人間によって目茶苦茶にされ、その後はブラックによって滅ぼされている。

最終的には全王にて宇宙を消されるという、何とも報われない世界である。

8位 「ナッパ」

ベジータの元仲間。

地球に襲来した時の無双っぷりは凄かった。

グーパンチにも関わらず天津飯の腕を切断したり、超サイヤ人2でもないのにスパークを身に纏っていたインパクトは大きい。

ただ悟空には手も足も出ず、頭の上に立たれるシーンも印象的だった。

9位 「ターレス」

劇場版の敵。

悟空と瓜二つの外見だが、血縁関係は無い。

それにしては似過ぎだと思うが…。

超にてブラックが出て来た時に、最初はターレスではないかという噂も流れた。

10位 「ラディッツ」

悟空の兄。

サイヤ人編の口火を切って登場した。

主人公の兄という超美味しいポジションながら、その後物語に絡んでくる事は無かった。

悟空の兄という設定はいらなかったんじゃないかと思う。

終わりに

以上、好きなサイヤ人ランキングをお送りしました。

サイヤ人だけでもけっこうな数がいますよね。

他にも、悟天・キャベ・カリフラ・ケール・ターブルなどなど…。

なかなかの一大勢力となっています。

これからもどんどん増えていくかもしれませんね。

それではまた。

ドラゴンボールに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク