ドラゴンボール超「未来トランクス編」の反省点について語ってみた【ここをこうすれば良かったのに…】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に思うドラゴンボール超「未来トランクス編」の反省点について語ってみたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【ドラゴンボール超「未来トランクス編」の反省点】

「複雑過ぎ」

未来トランクス編において様々なパラレルワールドが生まれることとなり、話が複雑過ぎて訳がわからなくなっている。

パラレルワールドになんかしないで、もっと単純な世界観にすれば良かったのにと思う。

「レベルの低い攻撃が効く」

神の次元の強さに達しているはずのブラックに対し、マイが放つ銃弾や煙幕が効く事があるのがおかしい。

銃なんか効く訳が無いし、煙幕で見えなくなっても気で探れば良いだけだと思うのだが…。

油断していようが何だろうが、神の次元の相手には低レベルな攻撃は一切効かない様にして欲しかった

「ブラックが融合してしまう」

超サイヤ人ロゼとなりビジュアルも強さも満足のいくものとなったブラックであったが、最後はザマスと融合してしまった。

せっかく良いキャラだったのに、勿体無いと思う。

合体前でも、ブラック一人で悟空とベジータを押していたのに。

「合体ザマスが格好悪い」

ブラックとザマスが融合して合体ザマスとなったが、ビジュアルが格好悪いのが残念。

あの顔や服装に対して、逆立った髪型は似合っていなかった。

まだ元のアシメの方がマシだと思う。



スポンサーリンク

「悟空1人で戦えているシーンがある」

普通に考えたら合体ザマスの強さは少なくとも悟空達の何十倍もあるはずだが、悟空1人で戦えているシーンが多数ある。

これではパワーバランスがはっきりしていないのでおかしいと思う。

合体ザマスが指1本で悟空を翻弄するぐらいでないと、本来はダメだろう。

「怒りでブルー化」

トランクスが、怒りにより超サイヤ人ブルーの様になっていた。

正式なブルーではなく、擬似ブルーといった感じではあるが。

超サイヤ人ゴッドにすらなれないトランクスが、怒りだけでブルーっぽくなるのはかなり強引だと思った。

「ベジットブルーの変身がすぐ解ける」

ようやく登場したベジットブルーだったたが、すぐ分離してしまうという展開。

ポタラによる合体は永遠だったはずなのに、パワーが大き過ぎて分離してしまったとかいう新設定が加わるし。

あれなら合体しない方が良かったと思う。

「全王オチ」

合体ザマスが空一体に広がり、もうどうすることも出来なくなった悟空達。

その後どうするのかと思えば、出て来たのは結局全王だという…。

宇宙そのものを消すチート能力発動により、これまでの戦いは何だったのか感が凄い。

まぁ、全王ボタンをもらった時点で嫌な予感がプンプンしていたが。

終わりに

以上、ドラゴンボール超「未来トランクス編」での反省点についてお送りしました。

未来トランクス編は、最初のワクワク感が凄かっただけに残念ですね。

途中から明らかに失速した感じがありました。

おまけに最後はバッドエンドだし…。

尻すぼみ感が半端ないシリーズでした。

それではまた。

ドラゴンボール に関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク