「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだDRAGON QUEST -ダイの大冒険-で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「バラン」

魔王軍の超竜軍団長。

その正体はダイの父親である。

竜の騎士の最強戦闘形態である竜魔人に変身する事が出来、変身後の戦闘力は超魔生物となったハドラーすらも圧倒する程。

最強の剣技であるギガブレイクを使用し、この技は後にゲームのドラクエに逆輸入された。

強さと実績を兼ね備えたキャラと言えよう。

それにしてもバランというと、弁当で食べ物を仕切る緑色のシートを連想してしまう。

2位 「バーン」

「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」におけるラスボス。

魔界最強の存在であり、「魔界の神」との異名を持つ。

圧倒的な強さの描写がいくつもあるが、その中でも最も印象的なのは、何と言っても「今のはメラゾーマではない…メラだ…」であろう。

ゲームにおいて最弱の呪文であるメラもバーンが使用すれば恐ろしい威力を誇るというものであり、彼の圧倒的な魔力を一発で理解させるシーンであった。

ダイ大だけでなく、漫画全体においてもトップクラスに衝撃を受けた描写だと思う。

3位 「ポップ」

アバンの使徒の1人であり、ダイの最大のパートナー。

当初は強さ的にも人間的にも未熟であり、パーティーのお荷物的な存在であった。

しかし物語が進むにつれて大きく成長し、最終的には人間の中で最強の魔力を持つ「大魔導士」となる。

更には知力や戦略にも長けており、バーンからも「1番危険な存在」と評されていた。

これほど成長したキャラも珍しいだろう。

4位 「ダイ」

この漫画の主人公。

バーンを倒した後は行方不明になっているが、ダイの剣がまだ光を放っていることから何処かで生きている

作者によると、もし連載が続いていたら魔界編をやる予定だったらしい。

今からでも遅くないので、是非連載して欲しいと思う。

5位 「マトリフ」

かつて、アバンのパーティーの1人だった魔法使い。

世界最強の魔法使いを自負し、ほぼ全ての攻撃呪文・回復呪文・補助呪文を使う事が出来る。

極大消滅呪文メドローアを、ポップに伝授した。

その万能っぷりから魔法使いというよりは賢者と呼べるレベルなのだが、「ドスが効いていない」という理由から「大魔導士」と名乗っている。

この肩書きは、弟子であるポップにも後に引き継がれた。



スポンサーリンク

6位 「アバン=デ=ジニュアール3世」

かつてハドラーを倒した勇者。

通称「アバン」。

物語序盤にて、復活したハドラー相手にメガンテを使用して死亡したと思われていたが、カールの守りを所持していた事から一命を取り留める

最終決戦においてダイ達と合流した際は、純粋な力よりも補助に回る感じになっていた。

彼が、平和の為に尽力した功績は大きい。

最終回では、フローラ姫と結婚したと思われる。

7位 「ハドラー」

当初は小物臭がする敵であったが、超魔生物になった辺りから威厳と風格を備える様になった。

最終決戦時においては、敵と言うより1人の武人として立ちはだかる事となる。

死後、灰となった彼の身体はキルバーンの攻撃からアバンを守る事となった。

8位 「ブロキーナ」

かつて、アバンのパーティーの1人であった世界最強の武闘家

普段はまるでボケているかの様な印象を受けるが、全力を出した時には若バーンの肉体を使用したミストバーンすらも圧倒していた。

普段の飄々とした姿からのギャップが魅力的なキャラ。

9位 「ヴェルザー」

魔界において、バーンに匹敵する程の実力を誇った竜族の王。

過去にバランに敗れ、今は魔界の奥地で幽閉されている。

バーンの下にキルバーンを送り込むなどしていたが、本人は本格的に動く事は無かった。

バーン戦後も連載が続いていたとしたら、魔界編のボスになっていたのだろうか。

10位 「ロン・ベルク」

ダイの剣や、バーンが使用する光魔の杖を製作した伝説の名工。

ただ武器を作るだけでなく、剣の実力も非常に高い。

ダイとヒュンケルを同時に相手にしても息一つ切らさず、ミストバーンとも互角の勝負を演じていた。

何かと頼りになるキャラである。

終わりに

以上、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」で好きなキャラランキングをお送りしました。

ダイ大は魅力的なキャラが多いですね。

ゲームが原作の漫画とは思えないくらい名作だったと思います。

魔界編もやって欲しかったなぁ…。

それではまた。

ダイの大冒険に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク