【DQ】ドラクエシリーズで衝撃的だったイベントランキングTOP10!【果たして1位はどのイベントか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだドラクエシリーズで衝撃的だったイベントランキングについてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラクエシリーズで衝撃的だったイベントランキングTOP10】

1位 「アレフガルド」

ドラクエⅢにおいてギアガの大穴から落ちた先である闇の世界が、ロトシリーズの舞台であるアレフガルドだと判明するイベント。

これはかなり衝撃的であった。

これにより、「そして伝説へ…」のサブタイトルが伏線であったことがわかる。

ドラクエファンにとっては非常に嬉しいサプライズであった。

この展開も、ドラクエⅢが名作と言われる所以の1つであろう。

2位 「結婚」

ドラクエⅤにおいて、ビアンカとフローラのどちらかと結婚をするイベント。

(リメイク版ではデボラも候補)

RPGで主人公が結婚するというのは、かなり印象的であった。

エンディングならわかるが、冒険の途中で結婚するとは…。

どちらと結婚するか迷い、結婚前夜にセーブデータを2つ作った人も多いだろう。

3位 「歴史改変」

ドラクエⅪにおいて、ベロニカを生き返らせる為に過去に戻るというイベント。

歴史を改変するという、まるでクロノ・トリガーの様な展開はかなり斬新だった。

ただ、これはベロニカが生き返るというわけではなく、「ベロニカが死んでしまった世界」と「ベロニカが死ななかった世界」の2つが存在するということになるので、厳密に言えばベロニカが生き返るわけではない。

更に言えば、勇者が過去に戻った時、その時代に元々居たはずの勇者は何処に行ったのかというのも疑問だった。

4位 「裏ボスがラスボスをボコる」

ドラクエⅥにおいて、裏ボスであるダークドレアムがラスボスであるデスタムーアをボコボコにするイベント。

この展開には非常に驚愕した。

また、デスタムーアからの全力の攻撃を受けてもダークドレアムがノーダメージというのも…。

お前いつからそこまで強くなったんだよと。

主人公達に対してもその強さを発揮されたら、レベルがいくらあっても足りないぐらいであった。

5位 「天空装備強奪」

ドラクエⅥのヘルクラウド城において全滅すると、所有していた天空装備を全て奪われるイベント。

奪われた後の絶望感と言ったら…。

その後セーブしなきゃ良かったのに、パニくっていたからかセーブをしてしまった思い出がある。

この経験を元にリメイク版ではセーブしてから戦いに臨んだが、リメイク版ではそもそも全滅しても装備は奪われないらしい。

それもどうかと思うが。



スポンサーリンク

6位 「パパス死亡」

ドラクエⅤにおいて、パパスがゲマにやられるイベント。

主人公の目の前であれは無いだろう…。

子供を人質に取られて嬲り殺される姿は見てられなかった。

Ⅴは鬱イベントが多い。

7位 「ラスボスが仲間入り」

リメイク版ドラクエⅣにて、ラスボスであるピサロが仲間となるイベント。

まさかラスボスが仲間になるとは思わなかったので、この展開はかなり衝撃的だった。

ただ、元々はこういうストーリーだった様だ。

FC版においては、容量の都合で泣く泣くカットしたらしい。

こんな重大な展開をカットするくらいなら、途中にいくらでもカット出来る箇所があったような気もするが…。

8位 「ラスボスがベホマ使用」

イベントではないが、FC版ドラクエⅡではラスボスであるシドーがベホマを使用する。

ラスボスが、全回復する魔法を使用するというのはかなりインパクトがあった。

ちなみにリメイク版では使用しなくなっている。

9位 「ヘルクラウダーの強さが異常」

こちらもイベントではないが、ドラクエⅦにおいてヘルクラウダーに強さが異常である。

負けイベントかと思う程の強さを誇った。

負けイベントではないと分かった時の絶望感と言ったら…。

ドラクエⅦ屈指の全滅ポイントである。

10位 「フリーズ」

またまたイベントではないが、ドラクエⅦにおいてフリーズが多発する現象。

特に、デスマシーンを倒した後の振動でフリーズする確率高し。

もはやイベントの様なものである。

終わりに

以上、ドラクエシリーズで衝撃的だったイベントランキングについてお送りしました。

いずれも、プレイヤーの印象に残るものばかりですね。

今後の作品では、どんなイベントが出てくるでしょうか。

楽しみですね。

それではまた。

ドラクエシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク