【評価・レビュー】ドラクエⅪをプレイした感想【100点満点中、果たして何点か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、PS4版のドラクエⅪをプレイした感想についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【PS4版ドラクエⅪをプレイした感想】

《良かった点》

「グラフィックが良い」

ハードがPS4だけあって、さすがにグラフィックが綺麗です。

ⅧやⅩのグラフィックを更に良くした感じですね。

ドラクエの世界観を、美麗なグラフィックで堪能出来るのがとても楽しいです。

「勇者の物語」

Ⅺの主人公は勇者の生まれ変わりです。

最初から勇者という設定の主人公って、実はかなり久しぶりなんですよね。

実にⅣ以来でしょうか。

Ⅴ以降は主人公が勇者という訳ではなく、勇者という職業があったり他のキャラが勇者であるというのが主なパターンです。

なので、初めから勇者という主人公は久しぶりだったので逆に新鮮でした。

左手に紋章を宿しており、その紋章が光った時に勇者の力を発揮する

そんか、今までありそうで無かった設定も良かったです。

勇者は特別な存在である」というのを再認識させられるキャラでした。

「魅力的な仲間キャラ」

「イケメン盗賊のカミュ」

「密かにムッツリなロウ」

「見た目は子供、頭脳は大人なベロニカ」

等、Ⅺでは魅力的なキャラがたくさんいます。

キャラの数も合計で8人という大人数になっています。

これもⅣ以来となっていますね。

やはりキャラの数が多い程、使い分けが出来たりするので楽しいです。

「ストーリーのボリュームが凄い」

Ⅺのストーリーはボリュームが凄いです。

ラスボスを倒すまででもなかなかのボリュームですが、クリア後にもやる事がたくさんあります。

やり込み要素とかではなく、ストーリーがまだまだ続くのです。

真エンディングを迎えるまでに、大体50〜60時間くらいかかると思います。

やり込み要素抜きでこのボリュームは凄いですよね。

長く遊べる一本となっています。

「ロトシリーズに関連している」

物語の舞台は「ロトゼタシア」。

名前に思いっきり「ロト」って入ってますね。

他にも6色のオーブを集めたりと、ロトシリーズを思わせる要素が多数あります。

ファンならついニヤっとしてしまう演出が散りばめられていますね。



スポンサーリンク

《悪かった点》

「ラスボスが格好悪い」

ラスボスである魔王ウルノーガ。

彼が格好悪いです。

シルエット姿の時は格好良いのですが、シルエットが明けた後の姿は格好悪いです。

魔王になる前のウルノーガはそこまで悪くなかったのに、魔王になった途端不細工になっていました。

また、魔王ウルノーガを倒すと第2形態に変身しますがこれがまた弱そうなこと。

Ⅴのレヌール城に出て来た「スカルサーペント」にしか見えません。

一緒に「邪竜ウルナーガ」というのが出て来ますが、こいつに至っては「誰?」って感じだし。

魔王の剣が変化したものらしいですが、伏線も無くいきなり現れたので戸惑いました。

ラスボス戦はもう少し凝って欲しかったですね。

「裏ボスが格好悪い」

ウルノーガ撃破後もまだまだ続くドラクエⅪ。

そんなⅪの最後を飾るボスが「邪神ニズゼルファ」です。

格好良い名前ですよね、ニズゼルファって。

きっと見た目も格好良いはずだと思って期待していましたが、その期待は見事に裏切られました。

…何だよアレ。

足の短いセルみたいな外見は。

マスクの下は赤ちゃんみたいな顔だし。

完全に名前負けしていますね。

名前や演出は良いのに、肝心の見た目が良くないという…。

これはドラクエⅪ屈指のがっかりポイントでした。

「ロトシリーズとの関連が薄い」

Ⅺはロトシリーズなのは間違いないですが、思ったより過去作との関連は無いなと思いました。

時系列としてはⅢの前?なんですかね。

竜王とかゾーマとか、過去作との関連がもっとあるのかと期待していましたがそうでもありませんでした。

これが残念でしたね。

【全体的な評価・点数】

以上の点を踏まえて、点数をつけるとすると…

「85点」

といったところでしょうか。

なかなかの高得点だと思います。

Ⅷ以来の据え置き機でのオフラインドラクエということで期待していましたが、見事にその期待に応える作品だと思います。

やはりドラクエはこうでなきゃ。

細かい不満はありますが、全体的には良く出来た作品だと思いました。

ドラクエファンなら買ってみて損はないですね。

もし未プレイの方がいれば、一度やってみることをおススメします。

それではまた。

ドラクエシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク