【かめはめ波】ドラゴンボール 好きな技ランキングTOP10【果たして1位はどの技か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

ドラゴンボールと言えば、様々な技が登場してますよね。

登場キャラも多いので、その数は相当なものです。

そこで今回は、好きな技ランキングをお送りします。

果たして1位はどの技か?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

ドラゴンボール 好きな技ランキングTOP10

1位 「かめはめ波」

ドラゴンボールで最も有名な技であり、知らない人はいないだろう。

子供の頃、誰でも一度はかめはめ波を出そうとチャレンジしたはず。

本来はダジャレの名前なのだが、段々慣れていき、やがて格好良く感じるから不思議。

基本的には手から打つ技だが、足からも打つことが出来る。

ドラゴンボールの象徴とも言える技が堂々の1位。

2位 「元気玉」

周囲のあらゆるものから元気をもらい、巨大な気の玉を形成する技。

強敵との戦いでは幾度となく使用している。

この技を使うのはクライマックスの時が多く、ドラマチックに締めることが出来る。

(主に劇場版に多い)

ちなみに合体13号戦において、元気玉が完成した後に超サイヤ人になり、元気玉のエネルギーを吸収するという離れ業も披露されている。

元気を集めている間は完全に無防備になることが大きな弱点だが、威力はドラゴンボールで最強クラスの技だろう。




スポンサーリンク


3位 「ギガンティックミーティア」

劇場版「危険なふたり!超戦士はねむれない」において、かめはめ波を打とうとする悟飯に向けて放ったブロリーの技。

手にエネルギーを凝縮させて小さな気弾を放つ技であり、

最初は小さいが、相手のエネルギー波等に接触すると巨大な気の塊となる。

その性質や緑で不気味な色から、ブロリーの禍々しさを上手く表現した技と言えよう。

4位 「瞬間移動」

悟空がヤードラット星で習得した技。

気を探れる者がいれば、基本的に何処でも一瞬で移動出来るという便利過ぎる性能が魅力。

発動する際の、指2本を額に当てるポーズが格好良い。

悟空が使用するものとは多少性能が違うが、キビト・メタルクウラ・ジャネンバも瞬間移動が出来る。

余談だが、悟空は一度、死んでいるのにも関わらずこの技を使用して下界に移動したことがある。



スポンサーリンク

5位 「スーパーノヴァ」

人差し指に小さな気の玉を作り、それを巨大な塊へと変化させる技。

フリーザが、惑星ベジータを破壊する時に使用したものである。

この技を使用する時に発生する音や圧倒的大きさは、フリーザの凶悪さ・強大さを表していると言えよう。

6位 「太陽拳」

全身を発光し、相手の目をくらませる技。

攻撃力は無いが非常に実用性に秀でており、戦闘から撤退する時に絶大な効力を発揮する。

天津飯やクリリン等、ハゲている人物しか使えないかと思えるがそうではなく、悟空やセルも使用したことがある。




スポンサーリンク


7位 「気円斬」

高速回転している円盤状の気を投げ、相手を切り裂くクリリンの技。

ナッパやフリーザ等、格上の相手にも効くので殺傷能力が高い。

しかしながら、アニメで完全体セルに向けて放ったところ、全く切れることなく消滅している。

クリリンの代表的な技の一つ。

8位 「ヘルズフラッシュ」

人造人間16号の技。

両腕を取り外し、現れた砲口からエネルギーを発射する。

その名前や、普段は寡黙な16号が大声で叫んだことから、印象に残っている。

9位 「ファイナルフラッシュ」

ベジータがセルに向けて放った技。

両手に気を集中させ、エネルギー波を放つ。

地球そのものを破壊出来る程の威力があり、作中では完全体セルの半身をえぐる功績を残した。

(もっとも、これはセルがわざと喰らったと思われるが)




スポンサーリンク


10位 「舞空術」

気をコントロールすることで、空中を飛行する技。

この技が出て来たことにより戦闘の幅が広がり、よりダイナミックな描写が可能になった。

作品に与えた功績は大きい。

終わりに

いかがでしたか?

ドラゴンボールは技がたくさん登場するので、そこからTOP10を選ぶのは中々難しかったです。

今後はどんな新しい技が出てくるでしょうかね?

それではまた別の記事でお会いしましょう。

ドラゴンボールに関するその他の記事はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク