ドラゴンボール超 第101話「迫りくる正義の戦士!プライド・トルーパーズ!!」の感想

Pocket

ドラゴンボール超 第101話の感想です。

それでは早速ご覧下さい。


スポンサーリンク

ドラゴンボール超 第101話「迫りくる正義の戦士!プライド・トルーパーズ!!」の感想

「悟空・ジレン対峙」

悟空がジレンに戦いを挑んでいましたね。

ケールに手も足も出なかった悟空が、ケールを一撃で倒したジレンに勝てるわけないんですがね。

ここ数ヶ月の悟空は全く強そうに見えないです。

まぁ、結局トッポに邪魔されていましたが。

「プライドトルーパーズ」

プライドトルーパーズの五人が悟空やカリフラ達に襲いかかって来ました。

5人でポーズを取るところとか、どことなくギニュー特戦隊を意識しているのかもしれませんが、全く魅力を感じません。

ギニュー特戦隊はあんなにキャラが立っていたのになぁ。

やっぱりキャラデザが悪いからでしょうか。

しかし悟空はこんな奴らにも苦戦してましたね。

いくらノーマル状態とはいえ…。

体力温存するのにも程があります。

「カリフラ・ケールvsプライドトルーパーズ」

エネルギー波の打ち合いになりました。

これによりケールが自分の力をコントロール出来るようになりましたね。

あの力を操れるなら相当強いです。




スポンサーリンク


プライドトルーパーズを落としてくれて良かった。

しかし、カリフラ・ケールの2人組に対しプライドトルーパーズは5人がかり。

それでも負けるんですから全然大したことありませんね。

強いのはジレンとトッポだけかな。

終わりに

いかがでしたか?

第101話の感想をお送りしました。

プライドトルーパーズがかなり脱落して良かったです。

あのアメコミ調のノリが全く好きじゃなかったので。

来週は女ダルマみたいなキャラが相手ですね。

(名前は忘れましたが)

しかし、つくづく思うのがこんなキャラがセルとかより強いというのはどうなんでしょう。

まるでアラレちゃんに出てくるようなキャラデザの敵はもうやめてほしいです。

ヒットみたいな正統派の敵をみんな望んでいると思うんですけどねぇ。

まぁ当分は期待出来そうも無いですね。

それではまた来週。

ドラゴンボール超に関するこれまでの感想はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク