ドラゴンボール超102話 「迫愛の力が大爆発!?第2宇宙の魔女っ子戦士!!」の感想

Pocket

ドラゴンボール超 第102話の感想です。

それでは早速ご覧下さい。


スポンサーリンク

ドラゴンボール超 第102話「迫愛の力が大爆発!?第2宇宙の魔女っ子戦士!!」の感想

「魅力の無いキャラ」

第2宇宙のメンツはギャグテイストなのか何なのかよくわかんない立ち位置ですね。

出る作品を間違えたとしか思えません。

こんなイロモノキャラより、ヒットやフリーザ辺りの戦いが観たいというのが正直な感想です。

「17号の活躍」

そんなイロモノ回でしたが、唯一良かったのが17号が活躍したことです。

常に冷静な彼は見ていて格好良いですね。

しかし、あのバリアは強すぎますね。

今のところ何でも防いでいます。

でもそんな彼もいつかは負けて落とされるんですよね。

一体誰に落とされるのか?

やはりヒットやジレン辺りの強キャラですかね。

まぁ終盤までは生き残るでしょう。

終わりに

いかがでしたか?

ドラゴンボール超 第102話の感想をお送りしました。

今週は期待していなかったので、こんなものだろうなと思いました。

訳のわからないキャラより、早く主要キャラの戦いが観たいですね。

来週は悟飯の戦いのようですが、果たしてどうなるか。

悟飯の今の強さはよくわからないですよね。

一応アルティメットにはなれるようですが。

きっと苦戦しまくるんでしょう。

セルジュニアを瞬殺した時の格好良さはもう観られないんでしょうかね。

いつか再び輝くことを祈って。

それではまた来週。

これまでのドラゴンボール超に関する感想はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク