ドラゴンボール超 第98話【あぁ無常!絶望する宇宙!!】の感想

Pocket

ドラゴンボール超 第98話の感想です。

それでは早速ご覧ください。


スポンサーリンク

ドラゴンボール超 第98話【あぁ無常!絶望する宇宙!!】の感想

「悟空、バリアを纏う」

ラベンダの毒攻撃対策として、悟空が白い気を纏いました。

これがバリアとなり、毒の攻撃を防ぐことが出来るそうです。

でも、いつこんなことが出来るようになったのでしょうか?

何かいきなり出てきたので不自然でしたね。

後から来たベジータも普通に同じことしてましたし。

個人的には、ベジットがブウに吸収される際に使ったバリアを思い出しました。

「結局ブルーになる」

体力温存として、ずっとノーマル状態で戦ってきた悟空達。

しかし途中から超サイヤ人になり、最後には結局ブルーになってました。

どうせブルーになるならさっさとなったほうが体力温存になるような気がしますが…。

ノーマル状態で戦っていた時間がもったいないですね。


スポンサーリンク

「第9宇宙消滅」

第9宇宙のメンバーが全員脱落し、宇宙消滅の第1号となりました。

ホントに消しちゃいましたね。

しかもあんな呆気なく…。

全王って普通に悪のような気がします。

しかし、第9宇宙が消えた後、第9宇宙天使のモヒイトが不気味な笑みを浮かべていたのが気になりました。

今回の大会は、大神官及び天使たちが何か企んでいるのかもしれませんね。

全王を利用しているのかもしれません。

天使たちの動向にも注目しましょう。

終わりに

いかがでしたか?

今回はまぁまぁ話が動きましたね。

初の脱落宇宙が出ました。

来週はクリリンが活躍する話のようですね。

物語的には進む感じではないでしょうね。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

ドラゴンボール超に関するこれまでの記事はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク