【DQ11】ドラクエ11に関する「あるある」を17個考えてみました!【つい共感してしまうものもあるはず】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に思いついたドラクエ11をプレイした人ならつい共感してしまうようなあるあるをお送りしたいと思います。

ちなみに、今回のあるあるはPS4版を基にしています。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラクエ11に関する「あるある」を17個考えてみました】

「グラフィックが綺麗」

さすがにPS4ですね。

ドラクエ8の時も綺麗だと思いましたが、更に綺麗になっています。

「オープニングの変な生命体は何?」

とことこ歩いているおばけみたいな存在は何なのか?

物語の最後に明らかになります。

「カミュがイケメン」

カミュがイケメン過ぎます。

フードを脱いで初めて顔を晒した時とか格好良いです。

「シルビアがあんなオネエだとは思わなかった」

前もってファミ通とか読んでなかったので、オネエだとは知らなかった…。

本名はゴリアテのくせに。

「マルティナがセクシー過ぎる」

ゲームに集中出来ません。

「ドラクエ好きならつい反応してしまうワードが頻出」

6つのオーブとか、さえずりのみつとか。

「ホムラの里で、女風呂に入ろうとする」

男なら必ずやります。

「命の大樹でのイベントが壮絶」

その後の世界もヒドいものとなっています。

主人公は魚の姿で目覚めるし。

シリーズの中でも上位の出来事でした。

「グレイグが仲間になるというまさかの展開」

まさかグレイグが正式に仲間になるとは思っていなかったので驚きました。

NPCで終わりだと思ったのに。

凄く強くて頼りになります。

「ベロニカが犠牲に」

ウルノーガから皆を守る為、ベロニカが犠牲になりました。

主要キャラが死ぬのは衝撃ですね。

「魔王ウルノーガが格好悪い」

魔道士の時はそんなに悪くないのに、魔王になったらブサイクになりました。

何だあの顔…。

変身後もブサイクだし。



スポンサーリンク

「ベロニカが生き返る訳ではない」

ベロニカを生き返らせる方法を探すと、時を遡るという手段にたどり着きました。

でもこれって、ベロニカが生き返る訳じゃないですよね?

ベロニカが死んだ世界と、ベロニカが死ななかった世界が存在するというだけで。

そしてもう一つ疑問なのが、時を遡った時に、遡った世界の主人公は何処に行ったのか?

普通に考えれば、その世界の主人公と未来から来た主人公の2人が存在するはずですが。

その辺りは特に触れられませんでしたね。

まぁ面白いからいいんですけど。

それにしても主人公が元居た世界は悲惨ですね。

ベロニカは死ぬし、勇者である主人公はいなくなるし…。

「ハッスルじじい・邪がムカつく」

壁画世界のボスとして戦うこととなりますが、こいつの戦い方が非常にムカつきます。

3回攻撃はするわ、さそう踊りで行動不能にしてくるわ、仲間どんどん呼ぶわ。

とにかく戦い方がムカつく相手でした。

「勇者のつるぎ・改がそこまで強くない」

勇者のつるぎ・真とほとんど変わりません。

もっと差別化してほしかったなぁ。

「ネルセン姿のグレイグがダサい」

正直似合ってないですね。

あの短パンみたいなのがちょっと…。

「ローシュの最期が悲惨」

仲間に裏切られて死ぬとか…。

「ニズゼルファがヒルデガーンっぽい」

ヒルデガーン変身前に似てますよね。

終わりに

以上、ドラクエ11に関するあるあるをお送りしました。

思わず共感してしまうものもあったのではないでしょうか?

それではまた。

ドラクエシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク