【DQⅧ】ドラクエⅧに関するあるあるを11個考えてみました!【ドラクエ好きならついニヤっとしてしまうはず!】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

以前お送りしたドラクエⅦあるあるに引き続き、今回は個人的に思いついたドラクエⅧに関するあるあるをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ドラクエⅧに関するあるあるを考えてみた】

「グラフィックに驚く」

鳥山明の絵そのもので驚きますよね。

グラフィックが前作に比べて滅茶苦茶進化しています。

「街デカっ」

今まではフィールドにおいて街と人物が同じ大きさでしたが、今回からはリアルになりました。

この変化は衝撃でしたね。

「戦闘時、主人公達の姿が見えることに驚く」

今までは見えませんでしたからね。

でもこれが自然な感じではありますが。

「スーパーハイテンションが、完全にスーパーサイヤ人」

どちらも鳥山明が描いているから、仕方ないと言えば仕方ないですが。

「チャゴス王子にムカつく」

こいつはムカつきます。

「レティス戦を負けイベントだと思う」

ドラクエ8屈指の全滅ポイントです。



スポンサーリンク

「ゲモンが凄く弱く感じる」

レティスの後だとね…。

「はやぶさ斬り強過ぎ」

はやぶさ斬りゲーです。

「格闘スキルが使えない」

地雷スキルです。

「主人公の出生の秘密が本編で語られない」

重要な事なのに、クリア後にようやくわかります。

「竜神王戦がしつこい」

8連戦とか…。

終わりに

以上、ドラクエⅧに関するあるあるをお送りしました。

思わず共感してしまうものもあったのではないでしょうか?

それではまた。

ドラクエシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク