【DC】ドリームキャストの思い出について熱く語ってみた【ドリキャス】

Pocket

皆さんはドリームキャストについて覚えているでしょうか?

もしかしたら若い人は知らないかもしれませんね。

スポンサーリンク




ドリームキャストというのは、1998年11月27日にSEGAから発売されたゲーム機のことです。

通称ドリキャスですね。

前世代機のセガサターンがプレステとの覇権争いに敗れ、その巻き返しを狙って発売されたハードでした。

しかしながら再び覇権争いに敗れ、2001年1月にハードビジネスから撤退したため、わずか2年余りという短命ハードでしたね。

湯川専務は今何してるのかなぁ…。

まぁ正直言って、発売前からすでに負ける雰囲気は出てましたけどね…。

その要因としては、まず「デザインが格好悪い」。

あのハードを初めて見たとき「何だこれ」と思ったのを覚えています。

同時僕は中学生でしたが、中学生から見ても格好悪かったですね。

ハード本体もそうだし、あのコントローラーのデザインやロゴマーク等、迷走している感がかなりしました。

2つ目に気になったのが「ハード名がしっくり来ない」。

ハード名を最初聞いた時、「クロノ・トリガーか?」と思いましたもん。

なんか大物ゲームクリエイターが集結したような名前ですよね。

ゲーム機の名前としてはしっくり来ませんでした。

普通に「セガサターン2」で良かった気がする。

3つ目は「大きな目玉が無い」ということ。

例えばプレステ2なら「DVDが再生出来る」という大きな目玉がありましたよね。

それにより、ゲームだけでなくDVD目的で購入する人も多かったです。

それに対しドリキャスはこれと言った目玉が無かった。

画質も微妙だったし、媒体もGD-ROMとかいうよくわかんないものだったし。

ネット使い放題」ぐらいの大きな目玉が欲しかったですね。

スポンサーリンク




とまぁ、ドリキャスのダメ出しばかりしてきましたが、僕はそれなりにけっこう好きだったんですよ。

もちろんPS2には及びませんが、面白いソフトがいくつかありました。

「クレイジータクシー」

「シーマン」

「シェンムー」

「パワーストーン」

「バイオハザード コードベロニカ」

辺りはよくやりましたね。

特にクレイジータクシーについては、やり過ぎてコントローラーが壊れた程です。

メジャー受けするようなソフトは無いけど、ハマる人にはハマるというソフトが多かったですね。

是非ともその路線を貫いて欲しかったですが、やはり売上が伴わないとやっていけないようで。

ハードビジネスは厳しいですね。

記録より記憶に残るハードといった感じのドリキャスでした。

それではまた。


スポンサーリンク



Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク