ドラゴンボール 好きな劇場版作品TOP5【果たして1位はどの作品か?】

Pocket

今回は、ドラゴンボールで好きな劇場版作品を紹介します。

果たして1位はどの作品か?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

ドラゴンボール 好きな劇場版作品TOP5

1位 「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」

「熱戦・烈戦・超激戦」において、圧倒的な戦闘力で悟空達を苦しめた伝説の超サイヤ人ブロリーが、今度は地球にて悟飯達を苦しめる。

悟天・トランクスが敵わないのは当然のことだが、超2になれる悟飯ですらも全く歯が立たない程パワーアップしている。

(ちなみに、超2特有のスパークが出ていないので、悟飯が超2状態なのか判別出来ないが)

この作品の見所は何と言っても、悟空・悟飯・悟天の親子3人かめはめ波である。

この作品での悟空は、神龍が呼び出した幻?のような存在として登場し、ブロリー撃破後はいなくなってしまっている。

そんな幻想的な演出も評価が高い。

2位 「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」

悟空亡き後、悟飯が初めて主役を飾った作品であり、劇場版で初めて超2サイヤ人が登場した作品でもある。

特に、それまで散々苦しめられて来た、ブージンらの糸のような結界を一蹴して瞬殺するシーンは爽快の一言。

また、悟飯がボージャックにいたぶられている姿を見て、我慢出来ずに瞬間移動を使いボージャックを殴りつける悟空の姿も印象深い。

欲を言えば、超2化後は一瞬でボージャックを倒してしまうので、もう少し力を見せつけてから倒して欲しかった。

(まぁ、セル戦で舐めプして痛い目にあったからかもしれないが)

3位 「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」

劇場版にて超サイヤ人が初めて登場した作品。

フリーザの兄であるクウラを超サイヤ人になって倒すという、ナメック星の再現のような内容。

原作も超サイヤ人が出てきたばかりだっただけあり、今みたいにあっさり変身するのではなく、瀕死の状態からドラマティックに変身するのが格好良い。

ちなみに、この時の悟空は超サイヤ人に変身することにより、死んだ鳥を生き返らせている。

物語のラスト、クウラを倒して安堵している悟空達の前に、倒したはずのサウザーが現れる。

絶体絶命かと思われたが、ピッコロの魔貫光殺砲によりサウザーはトドメを刺されるという終わり方も良い。


スポンサーリンク

4位 「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」

ブロリーが初登場した作品。

この作品はほぼブロリー一色で、「ブロリーに始まりブロリーで終わる」と言っても過言ではない。

超サイヤ人4人がかりでも全く歯が立たないのは衝撃だった。

あの戦闘狂の悟空が「少しは手加減しろ」と言ったのも印象的。

地球でのブロリーに対して、この時のブロリーはよく喋る。

5位 「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」

タイトル通り、2人がフュージョンしてゴジータが登場する作品。

死者が蘇るため、フリーザやボージャックが登場するのはファンサービスと言えよう。

ボスキャラであるジャネンバはキャラデザインも良く(変身後)、魔術やブロック状の瞬間移動等のトリッキーな攻撃を駆使し、超3サイヤ人でも敵わない劇場版最強の敵となっている。

ただ、やっとの思いで融合したゴジータの戦闘シーンが短いのが少し残念。

(蹴りを数回喰らわせたのと、気の玉を当てただけで終わってしまったので)

終わりに

いかがでしたか?

個人的に好きなランキングは以上のようになりました。

いずれも20数年前の作品であり、映画館で観た当時僕は小学生だったのですが、割とスムーズに今回の記事が書けました。

けっこう鮮明に覚えているものですね。

それだけ印象深いということでしょう。

昔はドラゴンボール単体ではなく、「ママレード・ボーイ」「スラムダンク」等、他の作品と3部作として公開されていましたね。

懐かしい思い出です。

それではまた別のランキングでお会いしましょう。

その他のドラゴンボールランキング一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク