【板垣版】「餓狼伝」キャラ強さランキングTOP10!【最強は果たして誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

餓狼伝と言えば、これまでに沢山の強者が登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだ餓狼伝キャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「餓狼伝」キャラ強さランキングTOP10】

1位 「松尾 象山」

北辰会館の館長。

地上最強に最も近い男と言われており、

「牛を素手で倒す」

「瓶を手刀で切る」

「畳を握力で貫く」

といった伝説を持つ。

未だその底は見えない。

刃牙シリーズにおける、範馬勇次郎的存在である。

2位 「グレート巽」

プロレス団体FAWの社長。

非常に高い実力を誇り、松尾象山と唯一対等に闘える存在と言われている。

アゴが長いのが特徴的。

この長いアゴを肩に付けると、ほとんどダメージを受けないらしい。

この理屈を説明しているシーンはギャグとしか思えないものがある。

3位 「サクラ」

裏プロレス界で最強を誇った人物。

盲目ながら、驚異的な身体能力を誇る。

常人の20倍カロリーを摂取し、20倍排泄するという。

圧倒的な強さでグレート巽を瀕死に追い込んだが、最後は絞め技で敗れている。

その後、巽の手によって母の元へ送られた。

4位 「久我 重明」

裏の世界で活躍する闇の空手家。

全身黒づくめなのが特徴的。

鞍馬彦一と戦い、その圧倒的な技術を見せ付けた。

モデルは松井秀喜らしい。

5位 「姫川 勉」

北辰会館四段の有段者。

線が細くあまり強そうに見えないが、圧倒的な実力により北辰会館トーナメントで優勝した。

その後行われた、藤巻十三との戦いにも勝利している。

まだまだ底が見えないキャラと言えよう。



スポンサーリンク

6位 「藤巻 十三」

竹宮流柔術の使い手。

高い実力の持ち主であり、松尾象山に一矢報いた事もある。

北辰会館トーナメント会場にて姫川と死闘を繰り広げたが、惜しくも敗北した。

7位 「村瀬 豪三」

強者を倒して回っている人物。

まだ全貌が明らかにされておらず、何かと謎が多いキャラ。

泉宗一郎・伊達潮・堤城平といった実力者を倒す強さを誇る。

モデルは明らかに石井慧。

8位 「丹波 文七」

この漫画の主人公。

序盤は出番が多かったが、北辰会館トーナメントが開催されている間は完全に空気と化していた。

強い時は強いが、ロートルレスラーにボロボロにされたりもする。

強さにムラがあるキャラ。

9位 「堤 城平」

北辰会館三段の有段者。

身長167cmと小柄ながら、40kg以上重い相手を押し返す怪力とタフネスを誇る。

その姿は、「軽自動車に大型トレーラーのエンジンを積んでいる」と評されていた。

10位 「鞍馬 彦一」

グレート巽の秘蔵っ子と言われる若手レスラー。

驚異的な身体能力を持ち、中学生の時に挑戦した10種競技において9種目で高校生と同等以上の記録を出している。

北辰会館トーナメントで旋風を巻き起こしたが、長田戦にて反則負けで敗北した。

その後、丹波にも実戦で敗れている。

終わりに

以上、餓狼伝キャラ強さランキングをお送りしました。

1位は松尾象山ですね。

彼は刃牙の世界で言うと、誰くらいの強さなのかが気になります。

個人的には初期の独歩くらいかと思っていますが。

刃牙はもうファンタジーの域に入りかけてますからね。

しかしまぁ、早く餓狼伝の連載を再開して欲しいものです。

コミックスで言うと、丹波が村瀬に投げられている瞬間で止まってますから。

何年間、あのままなんだっていう…。

いい加減に時を動かして欲しいものですね。

それではまた。

餓狼伝に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク