GLAYで好きな曲ランキングTOP50!【GLAYを聴くならこの曲達がおすすめ】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

突然ですが、僕はGLAYファン歴20年以上のSWINGERです。

そこで今回は、そんなSWINGERが独断と偏見で選んだ、好きな曲ランキングTOP50をお送りしたいと思います。

果たしてどんな曲がランクインするのか?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

GLAYで好きな曲ランキングTOP50

1位~10位

1位 「Missing You」

この曲を初めて聴いた時は衝撃だった

大体の曲には「ここをこうしたほうが好きだな」という箇所があるのだが、この曲にはそれが全く無い。

完璧な曲であり、珠玉のロックバラード

PVでのTERUの目がヤバい。

2位 「coyote,colored darkness」

HISASHI最高傑作のロックナンバー

イントロから全力の激しさが伝わってくる。

この曲も全く隙が無く、ライブでも盛り上がる滅茶苦茶格好良い曲。

3位 「precious」

「貴重な」という意味の曲名。

亡き妻と過ごしたこれまでの日々を振り返るような歌詞を、繊細かつ力強いメロデイに乗せた楽曲。

涙無しには聴けない超名曲。

4位 「風にひとり」

HISASHI最高傑作の1つ

ストリングスとギターフレーズを合わせており、曲の構成も歌詞も素晴らしい。

割と珍しいTERUのファルセットが聴ける曲。

5位 「初恋を唄え」

卒業時期の函館の風景を歌った曲。

この曲を聴くと、高校卒業の頃の期待や不安が入り混じった想いが蘇る。

ラストサビの盛り上がりが最高。

6位 「キリノナカ」

不倫を歌った曲。

ロックバンドとしての色っぽさが出ている激しいナンバー。

ラストの畳み掛けるような展開が良い。

7位 「HOWEVER」

言わずと知れた、GLAYの代表曲。

恐らく知らない人はいないだろう。

ここからGLAYの人気は社会現象化する。

ちなみに、当初デモテープを聞いたメンバーからは大不評で、JIROからは「暗いね」と言われる始末であったらしい。

8位 「THINK ABOUT MY DAUGHTER」

自身の娘の成長を見守る親の視点で綴られている曲。

愛情ある歌詞を、疾走感あるメロディに乗せている。

自分自身に娘が出来てから聴くと、凄く感慨深い。

9位 「シキナ」

打ち込みを使ったデジタルサウンドとアコースティック・ギターが融合された曲。

これまでのGLAYにはあまり無い曲調である。

少し切なさを感じさせるような世界観がたまらない。

10位 「Satellite of love」

王道かつ壮大なバラード

ラストサビの盛り上がりは、GLAYの曲の中でも1、2を争う。



スポンサーリンク

11位~20位

11位 「誰かの為に生きる」

凄く爽やかで、疾走感溢れる曲。

個人的には初夏を思わせる。

TBS系『J-SPORTS・スーパーサッカーPLUS』エンディングテーマであり、この曲を聴きたいが為に、わざわざ夜更かしして番組を観ていた記憶がある。

12位 「真昼の月の静けさに」

映画『草原の椅子』主題歌。

TAKUROはこの曲で「大人の苦味」を表現したかったらしい。

静かな立ち上がりと共に徐々に盛り上がり、終盤には非常に力強いサウンドになる曲。

13位 「つづれ織り」

2003年のアリーナツアーのエンディングで流されて以来長期間話題になっていた曲。

繊細でストリングスが前面に出ている

また、「BALLAD BEST☆MELODIES」の収録楽曲を選ぶ投票企画で1位を獲得した、ファンの間でとても人気のある曲。

14位 「口唇」

GLAY代表曲の1つであり、GLAY初のオリコンシングルチャート1位を取った曲。

TERUの格好良さが爆発した曲

15位 「REAL SHADOW」

イントロが凄く格好良い曲。

ミドルテンポで暗い世界観となっている。

TAKURO曰く「『口唇』や『誘惑』が持っている色気みたいなものを、もっと大人っぽくした曲。」

16位 「冬の遊歩道」

GLAY節炸裂の王道ウインターバラード

最後に畳み掛ける歌詞の盛り上げ方が非常に良い。

17位 「嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)」

ONE LOVEの核となる曲

激しいロックナンバーであり、ライブでも盛り上がることから、非常に人気のある曲。

この曲は『口唇』『誘惑』に続く“漢字2文字シリーズ”としてシングル候補に挙げたが、メンバーから総ボツを食らったらしい。

18位 「遥か」

静かなで繊細な曲調ながら、とても力強いバラード

TERU曰くアレンジはドリカム風とのこと

19位 「さくらびと」

復興プロジェクト「ふくしま浜街道桜プロジェクト」の依頼を元に書かれた曲。

古里を離れても『生きる』と頑張っている人の心に寄り添う歌です」とTAKURO本人が語っている通り、とても暖かくて優しい曲調になっている。

20位 「SPECIAL THANKS」

壮大ながら、少し寂しげな感じのするバラード

君といた日々は 宝物そのもの」の部分は何度聴いても震える。

本作でシングルとしては通算6作目(出荷枚数では8作目)のミリオンセラーを達成している。



スポンサーリンク

21位~30位

※21位以下は説明を省略する。

21位 「ROSY」

22位 「Winter,again」

23位 「Friend of mine」

24位 「誘惑」

25位 「ゆるぎない者達」

26位 「彼女の“Modern…”」

27位 「Way of Difference」

28位 「黒く塗れ!」

29位 「DARK RIVER」

30位 「虹のポケット」

31位~40位

31位 「夏音」

32位 「Synchronicity」

33位 「Freeze My Love」

34位 「そして、これからも」

35位 「SCREAM」

36位 「BELOVED」

37位 「VERB」

38位 「華よ嵐よ」

39位 「Hospital pm9」

40位 「都忘れ」



スポンサーリンク

41位~50位

41位 「鼓動」

42位 「MIRROR」

43位 「-VENUS」

44位 「everKrack」

45位 「PARADISE LOST」

46位 「ALL I WANT」

47位 「ALL STANDARD IS YOU」

48位 「君が見つめた海」

49位 「Savile Row 〜サヴィル ロウ 3番地〜」

50位 「JUSTICE [from] GUILTY」

終わりに

いかがでしたか?

GLAY好きな曲ランキングをお送りしました。

今回順位付けはしていますが、どの曲も凄くいい曲です。1位と50位に差なんてほぼないです

また、今回ランキングに入らなかった曲もいい曲ばかりです。

賛否両論あると思いますが、以上が僕のランキングでした。

聴いていない曲があったら、是非聴いてみてください。

それではまた。

GLAYに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク


[give_form id=”5184″]

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク