「鋼の錬金術師」キャラ強さランキングTOP10!【最強は果たして誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

鋼の錬金術師と言えば、これまでに沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだ鋼の錬金術師キャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「鋼の錬金術師」キャラ強さランキングTOP10】

1位 「お父様(フラスコの中の小人)」

ホムンクルス達の創造主であり、この漫画のラスボス。

自身の体に強大な患者の石を取り込んでいる為に、ノーモーションに加えて等価原則の法則を無視した錬金術を発動出来る。

更には、

「巨大な破壊光線を放つ」

「あらゆる攻撃から身を守る防壁」

「掌に擬似太陽を生成」

「雷や竜巻を操る」

といった様に、別次元の強さを誇った。

その圧倒的な強さは、まさに神と呼べるものであろう。

2位 「ヴァン・ホーエンハイム」

エルリック兄弟の父親。

自身の魂が患者の石と融合している為に、不老不死の体となっている。

年齢は500歳をゆうに超え、傷を負っても瞬時に回復する。

お父様と同じようにノーモーションで錬金術を発動可能であり、非常に高い戦闘力を誇った。

3位 「プライド」

始まりのホムンクルス」と言われる、ホムンクルス達のリーダー的存在。

セリム・ブラッドレイの正体でもある。

影を自由自在に操り、その攻撃力は並の防壁など意に介さないぐらい強力であった。

ホークアイからは「グラトニーとは比べ物にならないプレッシャーを感じる

グリードからは「俺から見てもあれは化け物だ

と言われている。

人は見た目で判断してはいけないという良い見本だろう。

4位 「ラース」

7番目に造られたホムンクルス。

キング・ブラッドレイの正体である。

ホムンクルス特有の再生能力を持たないが、銃弾の軌道さえも読み取る「最強の眼」を持つ。

それに加えて桁違いのスピードを誇り、高速の戦闘術で相手を圧倒する。

その圧倒的な強さは、見ていて恐怖を覚えるものだった。

5位 「ロイ・マスタング」

国軍の大佐であり「焔の錬金術師」と呼ばれる人物。

その名の通り炎を操り、街一区画全てを焼き尽くす事が可能。

人体を一瞬で燃やす事も出来る。

この様に非常に高い攻撃力を誇るが、雨の日は発火出来ないという弱点がある。

これにより、「雨の日は無能」とネタにされていた。



スポンサーリンク

6位 「イズミ・カーティス」

エルリック兄弟の師匠。

見た目は普通の主婦であるが、恐るべき強さを誇る。

錬金術師としての腕はもちろんのこと体術にも長けており、最速のホムンクルスであるスロウスを片手で投げ飛ばしていた。

まさに最強の主婦と言えるだろう。

7位 「傷の男(スカー)」

錬金術師に強い怨みを持つイシュヴァール人。

分解の錬成陣によって、相手の体や物体を破壊する戦法をとる。

彼の錬成陣は錬丹術に基づくものであり、お父様の錬成陣封じが効かなかった。

物語のラストでは、「逆転の錬成陣」の発動に大きく貢献している。

主要キャラの1人ながら、読者からの人気は低い。

8位 「エドワード・エルリック」

この漫画の主人公。

「鋼の錬金術師」という異名を持つ。

そこまで強いイメージは無いが、主人公だけあって最後はお父様にトドメを刺している。

非常に人気のあるキャラ。

9位 「アルフォンス・エルリック」

エドの弟。

肉体を「真理の扉」に持っていかれた事によって、鎧の体で行動している。

食事や睡眠は必要無く、肉体的疲労も無いのが特徴的。

最終回では、元の姿に戻る事が出来ている

10位 「リン・ヤオ」

シン国第十二皇子であり、不老不死の方法を探していた人物。

後に、ホムンクルスであるグリードに取り込まれて二重人格の様になる。

最終回では、シンの皇帝になっていた。

終わりに

以上、鋼の錬金術師キャラ強さランキングをお送りしました。

やはりホムンクルス達が強いですね。

特に、神となったお父様の強さは圧倒的でした。

1人だけドラゴンボールの世界から来たような感じですね。

ラスボスなのに正式な固有名詞が無いっていうのも斬新でした。

ハガレンは、本当に名作でしたね。

それではまた。

鋼の錬金術師に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク