はじめの一歩で好きなボクシングジムランキングTOP5!【果たして1位はどのジムか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

はじめの一歩と言えば、これまでに沢山のボクシングジムが登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだはじめの一歩で好きなボクシングジムランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【はじめの一歩で好きなボクシングジムランキングTOP5】

1位 「鴨川ボクシングジム」

一歩・鷹村・木村・青木・板垣など、主要キャラが所属するボクシングジム。

鴨川が会長を務め、練習内容が非常に厳しい事で知られている。

一度入会希望者が多数来た事があったが、ロードワークがキツすぎて1人しか残らなかった事があった。

その厳しい練習の成果か、これまでに世界チャンピオンと日本チャンピオンを輩出している。

厳しい会長以外にも、「ダジャレ好き」「釣り世界での伝説のチャンピオン」など個性的なトレーナー達がいるのが特徴的。

余談だが、屋上には鷹村の銅像が置いてある。

2位 「八戸拳闘会」

ジェイソン・尾妻ハンマー・ナオが所属するジム。

2人とも一見すると怖そうだが、実はとても優しい人物である。

また、青森県にあるジムだけあって会話には訛りが目立つ。

選手やトレーナーとの間柄が良く、非常にアットホームな雰囲気のジムと言えるだろう。



スポンサーリンク

3位 「木下ボクシングジム」

真田・唐沢などが所属するジム。

腹筋を鍛える為に腹を踏むという、医学的にはあまりお勧め出来ないトレーニングが取り入れられているのが特徴的。

ただ、これにより岩の様な腹筋が出来上がっていた。

会長の娘がいる事で、柔らかな雰囲気もあるジムである。

4位 「なにわ拳闘会」

千堂・星などが所属するジム。

有能なトレーナーである柳岡がいるが、千堂の自由奔放な行動には手を焼いている印象である。

ただ、雰囲気的には楽しそうな感じがする。

関西ノリが強そうだ。

5位 「川原ボクシングジム」

宮田が所属するジム。

宮田以外には、板垣の同期ぐらいしか実力者はいない模様。

会長は居るが、宮田の父親が会長の様に勘違いしてしまう事がある。

終わりに

以上、はじめの一歩で好きなボクシングジムランキングをお送りしました。

いずれも記憶に残るジムばかりですね。

そのジムによって、各々の特徴があると言えるでしょう。

もし自分が入るなら、あまり厳しくないジムが良いですね。

まぁその分強くはならないかもしれませんが。

鴨川ジムには絶対ついていけないなと思いました。

それではまた。

はじめの一歩に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク