はじめの一歩は何故これ程までにつまらなくなったのか?その理由について考えてみた【元名作】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

はじめの一歩と言えば、あしたのジョーと並ぶくらいボクシング漫画の金字塔ですよね。

男なら一度は読んだことあると思います。

名作中の名作ですよね。

…途中までは。

途中まではホントに面白いです。

僕もめちゃくちゃハマりました。

マガジンで毎週欠かさず読み、コミックスも全て新品で揃えていました。

しかし、いつからかコミックスを買わなくなり、今ではマガジンでも気が向いた時に見てみる程度になりました。

その原因は何か?

正直言って、「つまらなくなった」からです。

あの名作は何故つまらなくなったのか?

今回はその理由を考えてみたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【はじめの一歩は何故つまらなくなったのか?】

理由①「55巻までは面白かった」

今はつまらない一歩でも、55巻までは面白かったです。

55巻と言えば、沢村戦ですね。

ホント、あそこまでは名作だったなぁ…。

「鷹村×ホーク」

「鴨川×アンダーソン」

「木村×間柴」

「一歩×千堂」

これらの試合は、マジでヤバいですね。

特に「鷹村×ホーク」と言ったらもう…。

です。

理由②「イーグル戦からおかしくなっていく」

まず「ん?」と思ったのが「鷹村×イーグル」の試合。

この試合では、鷹村が何故か「超野性」扱いになっているという…。

いや、あのさ?

ホーク戦と設定変わってるよね?

ホーク戦では、

「基本の左を何万回と繰り返した」

「世界を取るために足を叩き込んだ」

「科学と暴力が融合した姿。ボクサーとしての理想像」

だったよね?

何でいつの間にか野性になってるの?

この設定破綻に萎えました。

また、もう一つのマイナスポイントは「網膜剥離疑惑

それが気になって試合に集中出来ませんでした。

しかも、網膜剥離なのかどうか曖昧なまま終わったし…。

あの伏線は何がしたかったのか意味がわかりません。

理由③「一歩×宮田の試合が無くなる」

当初からあれだけ期待されていた「一歩×宮田」の試合が突然無くなるという謎展開。

ランディーボーイ・Jr.を倒してからでもやれば良かったのに。

やらないって言ってもどうせいつかやるんだろ?って思ってましたが、ホントにやらなさそう…。

まさに誰トク?な展開でした。

理由④「一歩の試合が面白くない」

沢村戦より後の一歩の試合が面白くありません。

主な対戦相手はと言うと、

「やたら腹筋を鍛えたアウトボクサー」

「かつて伊達を苦しめた超ベテラン」

「かつて宮田を苦しめたタイのボクサー」

「マジシャン」

「野生天才児」

「破壊力2tのボクサー」

「世界2位」

「どっかのナショナルチャンピオン」

と言った顔ぶれです。

他にも居たような気がしますが、あまり熱心に読んでいなかったので、記憶にあるのはこんな感じです。

名前すら覚えていない対戦相手がほとんどです。

一つ言えるのは、いずれの試合もまぁ面白くないこと。

千堂戦・沢村戦のような面白さはどこに行ったのか?というのが感想です。



スポンサーリンク

理由⑤「新型デンプシーがいつまで経っても完成しない」

新型デンプシーがいつまで経っても完成しません。

どんだけ時間がかかってるんでしょうか?

ジミー戦等で何回か縦方向の回転をやってますが、完成とは程遠いです。

ようやく完成したかと思ったら、どっかのナショナルチャンピオンに負けるし…。

理由⑥「引き伸ばしが酷い(一歩編)」

はじめの一歩がつまらなくなった最大の理由は「引き伸ばしが酷い」ことではないでしょうか?

例えば一歩を見てみると、いつまで防衛戦やってるんだって話ですよ。

しかも、強いんだか弱いんだかよくわからない相手ばかりだし。

そんなことやってないで、どんどん上に行けば良かったのに。

沢村戦が終わった後は、

世界ランク10位ぐらいと対戦

世界ランク5位ぐらいと対戦

世界ランク2位と対戦

世界ランク1位と対戦

リカルド・マルチネスと世界タイトルマッチ

っていう流れで良いんですよ。

そしたら今頃はもう世界チャンピオンになってたのになぁ…。

国内でちまちまやっていても全然わくわくしません。

しまいには引退宣言するし。

これからどうするんだか…。

理由⑦「引き伸ばしが酷い(鷹村編)」

また、もう一つの不満は鷹村。

こちらもいつになったら6階級制覇するんでしょうか?

6階級制覇と言っておきながら、まだ2階級しか制覇していません。

Sミドル級のタイトルマッチすら全然行われません。

コミックスで言うと、実に約50巻も行われていません。

鷹村もちまちまと防衛戦だったり統一戦をやってます。

どの試合も全然面白くありません。

鷹村がふざけているか、弱体化しているかで全然面白くありません。

正直言って、鷹村はタイトルマッチ以外は苦戦するべきではありません。

鷹村が訳の分からない相手に苦戦すると、ホークの格も下がるからです。

ブライアン・ホーク以上の敵は未だに出てきていません。

まぁ欲を言うなら、世界ヘビー級チャンピオン以外はホークより苦戦して欲しくないですね。

で、イーグル戦より後の理想の流れとしては、

ミドル級防衛戦(1話)

Sミドル級タイトルマッチ

Sミドル級防衛戦(1話)

ライトヘビー級タイトルマッチ

ライトヘビー級防衛戦(1話)

クルーザー級タイトルマッチ

クルーザー級防衛戦(2話)

ヘビー級タイトルマッチ

っていう流れで良いと思います。

訳のわからないヘラクレスパンチとかやってる場合じゃないです。

はじめの一歩におけるPFP最強は鷹村なんだから、テンポ良く6階級制覇を達成するべきですね。

ヘビー級は最後だから相当苦戦してもいいですが、それ以外は通過点なのでまぁまぁ苦戦ぐらいで良いと思います。

鷹村の6階級制覇は、はじめの一歩ファンなら誰しもが見たいと思うんですけどねぇ…。

どうしてやらないのかよくわかりません。

終わりに

いかがでしたか?

はじめの一歩がつまらなくなった理由についてお送りしました。

他にも色々不満はありますが、今回はこの辺にしておきます。

まぁやっぱり「引き伸ばし」が最大の要因ですね。

これに尽きます。

引き伸ばし過ぎて、物凄く薄くなっちゃった

今の一歩はそんな感じですね。

昔は濃密だったんだけどなぁ…。

この記事を書いている時点では、一歩が引退宣言をしてしまい今後どうなるか全くわからない状態です。

このどん底の流れから、再び面白くなることはあるのだろうか?

一歩の代名詞である「逆転」が、作品全体としても発揮出来るかどうか?

まぁ期待せずにチェックしたいと思います。

果たしてどうなるか?

それではまた。

はじめの一歩に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク