火ノ丸相撲 第144話の感想 部長×ダニエル戦の勝者は?

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回の火ノ丸相撲は、先週から引き続いての部長×ダニエル戦ですね。

果たしてどちらが勝つのか?

それでは早速感想に行きましょう。



スポンサーリンク

今回の感想

ダニエルと草介の過去

ダニエルが草介のおかげで強くなれた過去が描写されましたね。

心・技・体の中でも、特に心の成長が見られました。普段の草介が見られたのも良かったです。(最近ずっと神懸ってて全然喋らないし)

部長に「相」が出る

ついに、部長にも「相」が出ました。これで大太刀高校は蛍以外全員出ましたかね?(ユーマはどうだったかな)

何か超サイヤ人のバーゲンセールみたいですが、これは格闘漫画の宿命みたいなものですからしょうがないですね。

部長、勝利

まぁ、これは当たり前ですね。ここで部長負けたらチームの負けも決まってしまうから、漫画的にそれは無いので。

部長の勝ちは100%決まってる試合でした。

いよいよ、火ノ丸×草介

次週は、いよいよラストバトルですね。この試合で火ノ丸相撲も終わるのでしょう。

果たして、火ノ丸はどうやって草介に勝つのか?

地力ではまだまだ草介>天王寺>火ノ丸だと思います。そこをどうやってひっくり返すのか?決め技はやはり百千夜叉墜なのか?非常に注目です。

終わりに

次回からは、ついに最終決戦ですね。

火ノ丸相撲ももう終わりかと思うと非常に悲しいです。(ジャンプで読むものがまた一つ減る…)

エピローグ等も入れて、あと6週ぐらいでしょうか?

1週1週大切に読まないと行けないですね。

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク