火ノ丸相撲 第163話「桐仁の3年間」の感想

Pocket

火ノ丸相撲 第163話の感想です。

それでは早速ご覧ください。




スポンサーリンク


【火ノ丸相撲 第163話「桐仁の3年間」の感想】

「桐仁の高校相撲時代」

火ノ丸達がいなくなった大太刀高校の様子が描かれていて、とても面白いかったです。

回想では沙田や典馬には歯が立たなかったようですね。

実力的には勝てそうですが、やはり20秒しか動けないというハンデが大きいのでしょう。

不遇の時代を過ごしていたのがわかりました。

「大相撲へ」

高校中退して、大相撲入りへ。

天王寺らと同じ部屋に入門した桐仁。

優れた指導者に恵まれ、自らの戦い方を習得してからは番付を駆け上がったようですね。

日々の稽古においては、あの天王寺にも勝ったことがある程。

動ける時間が伸びたかと思いましたが、そこはそんなに変わってないようですね。

「火ノ丸、鬼車使えず?」

桐仁曰く、火ノ丸は鬼車が使えないようですね。

やはりあの大怪我の影響でしょう。

それとも、使えないと思わせといて実は使えるというミスリードかもしれません。

どちらにせよ、注目の取り組みですね。

終わりに

いかがでしたか?

火ノ丸相撲 第163話の感想をお送りしました。

高校時代の話しが出てくる等、今週は面白かったですね。

第2部になってからも変わらない面白さを保っていてすごいと思います。

毎週、色んな事実が明らかになるから楽しみです。

果たして来週はどんな展開になるのか?

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク