火ノ丸相撲 第168話「暴走!!」の感想

Pocket

火ノ丸相撲 第168話の感想です。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【火ノ丸相撲 第168話「暴走!!」の感想】

「加納現る」

土俵上で暴走する刃皇。

そんな刃皇をなだめたのは、何と加納でした。

彼は刃皇と同じ部屋に入ったようですね。

四股名は「大包平」。

やっぱり大学卒業してから角界入りしたんでしょうか?

それとも大学中退?

確か天王寺が21歳とかですよね?

となると加納も21歳だから年齢的に中退か。

かなりの強キャラ感が出ていたので楽しみです。

何せ高校時代は天王寺に次ぐナンバー2でしたからね。

来場所で活躍が見られるでしょう。

個人的には天王寺に勝つ様な気がします。

「刃皇の優勝を止められるか?」

来場所、刃皇に優勝させなければ引退を取り消すかもとのこと。

国宝達vs刃皇という構図になりそうですね。

果たして火ノ丸が優勝するんでしょうか?

それとも別のキャラが優勝するのか?

読めませんね。

仮に火ノ丸が優勝したとしても、まだ横綱にはなれません。

来場所から二場所続けて優勝して横綱になるんでしょうかね?

果たしてどうなるか。

終わりに

いかがでしたか?

火ノ丸相撲 第168話の感想をお送りしました。

今週はとにかく、加納が登場したことが印象的でした。

ネット上では唐揚げ祭りとなってました。(加納の趣味が唐揚げを揚げることなので)

話的にはほとんど進みませんでしたね。

刃皇のキャラを描いた回となりました。

来週からは果たしてどんな展開となるのか?

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク