火ノ丸相撲 第147話「鬼丸国綱と草薙剣、躍動」の感想

Pocket

火ノ丸相撲第147話の感想です。

それでは早速ご覧ください。


スポンサーリンク

火ノ丸相撲 第147話「鬼丸国綱と草薙剣、躍動」の感想

草介、人間をやめる

草介の回想にて

「相撲という競技は、一瞬のミスが命取りとなる。したがってミスは許されない。しかしながら、人間は誰でもミスをする。だが、横綱という人間にミスは許されない。つまり、横綱になるということは『人間をやめる』ということだ」

そう大和国から教えられた草介。

その姿は一種の超越者のようであった。

火ノ丸反撃

そんな草介の攻めに防戦一方の火ノ丸だったが、あくまで正面突破を貫き、土俵際から中央まで押し戻す。

両者、必殺の間合い

火ノ丸の反撃を経て、両者は土俵中央にて「火ノ丸の下手」「草介の上手」と必殺の型を作った。

終わりに

もう少し草介の一方的な展開になるかと思いましたが、火ノ丸も盛り返しましたね。

来週は必殺技の掛け合いになるでしょう。

決着まであと3週くらいですかね?

それではまた来週。

これまでの火ノ丸相撲の感想はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク