火ノ丸相撲のコミックスは何故売れないのか?その理由を考えてみた【あんなに面白いのに…】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

週刊少年ジャンプで好評連載中である「火ノ丸相撲」。

物凄く面白く、個人的には今1番面白い漫画です。

そんな火ノ丸相撲ですが、連載当初より言われていることがらあります。

それは…

「コミックスが売れない」

ということ。

同時期に始まった他の漫画が数十万部売れる中、火ノ丸相撲は数万部しか売れません。

果たしてこれは何故なのか?

今回は、その理由について考えてみたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【火ノ丸相撲のコミックスは何故売れないのか?】

「人気が無い?」

コミックスが売れないということは、単純に人気が無いのか?

いや、そんなことはありません。

ジャンプでのアンケートでは上位に入っており、カラーも何度ももらえるほどの人気があります。

更に、連載開始からもう4年以上が経っています。

もし人気が無ければ、4年間も連載出来ませんよね。

10週くらいで打ち切られるのがオチです。

なので、人気が無いという仮説は当てはまらないでしょう。

「知名度が低い?」

この漫画の存在をあまり知られていないから、コミックスが売れないのだろうか?

でも、考えてみてください。

この漫画が連載されているのは、週刊少年ジャンプです。

週刊少年ジャンプと言えば、日本一の発行部数を誇る漫画雑誌です。

ここで4年間も連載している訳です。

それを考えると、ある程度の知名度はあるでしょう。

なので、コミックスが売れない要因が知名度の低さとは言い難いのではないでしょうか。

「そもそも面白くない?」

単純に面白くないからコミックスが売れないのではないか?

しかし、この仮説は間違いなく当てはまりません。

なぜなら、この漫画は「物凄く面白い」からです。

魅力的な登場人物、圧倒的な対決描写、テンポの良さ、どれを取っても面白いです。

実際、ネット上でも高い評価を得ています。

よって、面白くないというのはあり得ないでしょう。



スポンサーリンク

「ジャンプで読むだけで満足してしまう」

火ノ丸相撲のコミックスが売れない理由としてよく言われるのがこの要因です。

ジャンプで読むだけで満足してしまうので、わざわざコミックスを買う必要が無いというものですね。

と言うのも、前述したようにこの漫画は話のテンポが良く、さくさく進むことからジャンプで読むだけで問題無いと感じるようなんですね。

これは何となくわかる気がします。

ネット上でもよく言われていますし、コミックスが売れない要因はこれかもしれませんね。

終わりに

いかがでしたか?

火ノ丸相撲のコミックスが売れない理由を考えてみました。

色々挙げましたが、やはり最後の説が濃厚ではないかと思います。

こんなに面白いのに、勿体無いですよね。

この漫画がもっと売れて、世に知れ渡って欲しいなと思います。

そこで、コミックスが今より売れる方法を考えました。

それは…

「アニメ化すること」

です。

もうこれしかないと思います。

アニメ化の効果はバツグンです。

正直言って、大して面白くない漫画でもアニメ化したらそれなりに売れます。(どの漫画のことかは言いませんが)

それに、今は大相撲ブームです。

これに乗っからない手は無いのではないでしょうか?

今がチャンスです。

もしこの記事をアニメ関係者の人が見ていたら、是非お願いします。

火ノ丸相撲をアニメ化してください。

そしていつか、火ノ丸相撲のコミックスが100万部売れますように…。

追記

僕の願いが通じたのか、2018年10月からアニメがスタートしました。

果たして今後コミックスの売り上げはどうなるか?

注目ですね。

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク