「火ノ丸相撲」キャラ強さランキングTOP10!【最強は果たして誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

火ノ丸相撲と言えば、これまでに沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだ火ノ丸相撲キャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

なお、今回は高校相撲編を対象としています。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「火ノ丸相撲」キャラ強さランキングTOP10】

1位 「久世 草介」

大横綱である大和国の息子。

通称「草薙剣」。

大和国から「あいつが出ると他の若い芽を摘んでしまう」との理由で試合に出る事を禁じられていたが、火ノ丸と狩谷の取組を見た事で試合に出る事を決意する。

その実力は本物であり、圧倒的実力で地方大会はおろか全国大会個人戦でも優勝し、高校横綱の座を手にした。

関取である冴ノ山からは「高校相撲に在るべき存在ではない」と評されている。

全国大会団体戦決勝では火ノ丸に敗れているが、純粋な地力で言えばやはり久世が最強と言えるだろう。

2位 「天王寺 獅童」

昨年度及び一昨年の高校横綱であり、高校相撲における絶対王者。

更には全日本選手権でも優勝しており、大学生や社会人を含めた全てのアマ力士の頂点に立つ男。

しかし、全国大会個人戦準決勝にて久世に敗れた。

団体戦においても、火ノ丸に敗れている。

3位 「潮 火ノ丸」

本作の主人公。

152cmという低身長ながら、大相撲の横綱を目指す少年である。

通称「鬼丸国綱」。

体格差に阻まれて中学時代は沈んでいたが、「三年先の稽古」をずっと続けていた為に高校相撲において圧倒的な強さを取り戻す。

全国大会団体戦準決勝において天王寺を破り、決勝戦では久世を破った。

全日本選手権でも3位に輝き、その功績が認められて「三段目付出」として角界入りを果たした。

4位 「加納 彰平」

天王寺に次ぐ、「高校横綱ナンバー2」と言われる存在。

通称「大包平」。

全国大会団体戦準決勝にて國崎に敗北した。

個人戦においては久世に惨敗したものの、準優勝という成績を収めている。

嫌な事があると、ひたすら唐揚げを揚げるのが特徴的。

5位 「沙田 美月」

石神高校のエース力士。

見た目はチャラいが、その実力は高い。

通称「三日月宗近」。

相手にまわしを取らせない相撲が持ち味。

地方予選にて、火ノ丸と死闘を繰り広げた。



スポンサーリンク

6位 「國崎 千比路」

元レスリング国体王者という異色の力士。

相撲を始めてわずか数ヶ月にも関わらず、加納や典馬といった国宝達を次々と撃破していった。

その成長スピードや潜在能力は、まさに国宝級と言えよう。

しかし本人は「国宝は、将来横綱を目指す人間が名乗るもの」として、自身は「国宝喰い」と名乗っている。

7位 「日景 典馬」

身長2m超えという恵まれた体格の持ち主。

更に、兄は日本人最強力士である「大景勝」である。

高校ナンバー1と言われる突きが彼の武器。

全国大会団体戦では、國崎に惜しくも敗れた。

8位 「辻 桐仁」

大太刀高校の監督。

彼も元々は相撲をしていたが、肺機能の障害によって20秒以上は戦えない身体である。

選手としての実力は非常に高く、

「火ノ丸や柴木山親方に勝利する」

「練習において、初戦では國崎が一度も勝てた事が無い」

という程であった。

三負傷した三ツ橋のリザーバーとして全国大会団体戦決勝にて土俵に上がり、全国クラスの実力者である澤井を圧倒している。

20秒間だけなら、彼に勝つのは至難の業と言えよう。

9位 「四方田 尽」

栄華大附属高校の主将。

ヤバい」が口癖でありあまりやる気があるように見えないが、その実力は高い。

全国大会個人戦では4位に輝いている。

相撲取りとして理想的なアンコ型の体型を活かした取り口が特徴的。

10位 「小関 信也」

大太刀高校の主将。

火ノ丸と出会うまでは公式戦全敗という散々な成績であったが、火ノ丸のアドバイスを受けてからは覚醒する。

相撲を心から愛しており、その想いの強さは真田に畏怖の念を抱かせる程であった。

高校卒業後は角界入りを果たしている。

終わりに

以上、火ノ丸相撲キャラ強さランキングをお送りしました。

今回はこの様な順位としましたが、相性やその時の心理状況によって変わるのでなかなか難しいですね。

特にTOP3はコロコロ変動すると思います。

それだけ繊細な競技と言えるかもしれません。

大相撲編も要注目ですね。

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク