火ノ丸相撲で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

週刊少年ジャンプにて絶大な人気を誇る漫画である火ノ丸相撲。

これまで色々なキャラが登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ火ノ丸相撲において好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

果たしてどんなランキングとなるのか?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【火ノ丸相撲で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「久世 草介」

国宝「草薙剣」

剣名からしてもわかるように、他とは一線を画す別格の存在。

大横綱「大和国」の息子であり、圧倒的な実力を誇る。

その強さはもはや高校相撲に居ていい存在ではなく、相手に触れずともその威圧感だけで勝負が決まる程。

高校横綱及び全日本選手権覇者である天王寺をも退け、今年の高校横綱となった。

まさに相撲の神そのもの。

2位 「天王寺 獅童」

国宝「童子切安綱」

昨年度及び一昨年度の高校横綱であり、更には全日本選手権覇者という全てのアマ力士の頂点に立つ存在。

髪型や眉から、外見は超サイヤ人3に似ている。

今年度は久世と火ノ丸に負けてしまったが、それでも彼の圧倒的な実力・カリスマ性は健在である。

全国の力士に向けて放った「だから俺が一番強い」のインパクトは、この漫画においても3本の指に入るだろう。

3位 「潮 火ノ丸」

この漫画の主人公。

国宝「鬼丸国綱」

152cmという低身長ながら鍛え抜かれたその身体は、体格で圧倒的に上回る相手を電車道にしてしまう程。

鬼車や百千夜叉墜等の強力な技を駆使するが、彼の最大の武器は何と言っても「心」だろう。

その誰にも負けない「心」を燃やして戦う相撲は、まさに「火ノ丸相撲」と言える。

全国大会においては、団体戦準決勝においてアマ最強である天王寺を倒し、ついには決勝戦にて久世を倒して団体戦全国優勝を果たした。

その際に彼が流した涙には、計り知れない想いが込められていただろう…。

4位 「小関 信也」

大太刀高校相撲部の部長。

不良にバカにされながらも2年もの間1人で相撲部を守ってきたという程、相撲を愛している。

火ノ丸と出会うまで、五年間公式戦未勝利だった。

しかしながらその鍛え上げられた足腰は本物で、火ノ丸と出会い心が成長するに伴ってその才能が開花していくこととなる。

覚醒後の彼は全国でもトップクラスの実力者となり、大太刀高校の全国優勝に大きく貢献した。

外見とは裏腹に小食であり、カラオケが上手い一面を持つ。

5位 「首藤 正臣」

鳥取白楼高校の三年生。

初登場時のインパクトが凄まじく、怪力・何を考えているかわからない表情・でも髪型は意外とオシャレなところ等が特徴で、数コマしか出ていなかったにも関わらずネット上でも話題となった。

また、彼のキャラについても様々な予想がされたが、結果は見た目通り片言を話す「ブランカ」的なキャラだった。

一度、白楼高校相撲部が和気あいあいとしている回想が描かれたことがあったがその回想に彼の姿は無く、未だに謎が多い人物である。

そのミステリアスさが、読者の興味を引くのだろう。



スポンサーリンク

6位 「辻 桐仁」

かつては「鬼切安綱」の異名で呼ばれていた人物。

大太刀高校一年生であり、久世戦後に大太刀高校相撲部の監督を務めることになった。

選手としての実力は非常に高く、火ノ丸に勝利する程だが、病気のために20秒しか戦えない身体である。

その為試合には出ていなかったが、全国大会決勝の栄華大附属高校戦においては、鳥取白楼戦で負傷した三ツ橋に代わり選手として出場することとなる。

持ち時間の20秒を使い果たし、絶対絶命の取り直しで見せた「頭捻りー渦切」には心が震えた。

病気が無かったら、間違い無く国宝として相撲界を賑わせていただろう。

7位 「榎木 晋太郎」

鳥取白楼高校の二年生。

何と言っても特徴的なのはその髪型。

二本だけ長い前髪は、一度見たら忘れられない。

また相撲スタイルも合気道をベースとしている等、異質なものとなっている。

しかしながらその実力は本物で、絶対王者である鳥取白楼のレギュラーを務め、団体戦準決勝においては小関相手に勝利を収めた。

相撲部内で天王寺に話がある時は、まず彼を通さないといけないらしい。

(天王寺は気にしていないようだが)

8位 「加納 彰平」

国宝「大包平」

高校相撲において、天王寺に次ぐナンバー2である実力の持ち主。

大典太や数珠丸は彼に勝てたことがなく、国宝の中でも上位の存在となっている。

しかしながら、団体戦準決勝では國崎に敗北し、個人戦決勝でも久世に惨敗する等あまり良いところが無かった。

相撲時はコンタクトだが、普段はメガネをかけている。

嫌なことがあると、唐揚げを大量に作る習慣がある。

9位 「野地 数興」

国宝「数珠丸恒次」

体重220kgと大会最重量の力士であり、大きさが物を言う相撲において最高のスペックと言えよう。

初めてトーナメント表が明らかになった時にも名前があり、久世と当たることから「もしかしたら久世を倒すダークホースか?」とネット上でも期待された。

しかしながら、戦いの様子すら描写されず久世に瞬殺され、そのリベンジにと火ノ丸戦に臨んだが、そこでも瞬殺されるという不待遇っぷり。

最も良いところが無かった国宝である。

普段の彼はと言うと、とても優しくて親想い。

働いて、今までかかった食費を親に返したいと言う程の孝行息子である。

ちなみにボーリングが上手い。

10位 「大河内 学」

川人高校の一年生。

主要キャラの強さの引き立て役であり、「前回より10cm身長が伸びた」「前回より5kg体重を増やした」等の微パワーアップを果たすが、いつも主要キャラの誰かに瞬殺される。

ネット上では「大河内くん」の愛称で人気があった。

そんな彼だが、クジ運の良さもありインターハイ予選では個人3位という成績を収め、全国大会出場を決めた。

全国大会で一勝を上げた後は全然出てきておらず、作者から忘れられているのではないだろうかと思われていたが、大会終了後にようやく出てきた。

全国大会では1勝2敗で予選敗退だったらしい。

それでも1勝するのは凄いことだと思う。

良いキャラなので、時々出てきて欲しい存在である。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

火ノ丸相撲はキャラ1人1人の背景等がとても丁寧に描かれていて、ついこちらも感情移入してしまいますよね。

魅力的なキャラが多いので、厳選するのが大変でした。

ここまで面白い漫画は近年無かったです。

この漫画がもっと世に知れ渡るといいですね。

それではまた。

火ノ丸相撲に関するその他の記事はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク