火ノ丸相撲で好きな取組ランキングTOP5!【果たして1位はどの取組か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、火ノ丸相撲で好きな取組ランキングをお送りしたいと思います。

なお、今回は高校相撲編を対象としています。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【火ノ丸相撲で好きな取組ランキングTOP5】

1位 「潮 火ノ丸vs久世 草介(IH団体戦決勝)」

IH団体戦において、日本一を掛けた取組。

絶対王者であった天王寺をも倒し、覚醒した久世との一戦は正に壮絶であった。

第一部のラストを飾るのに相応しい取組だろう。(太刀高メンバーと火ノ丸の取組は公式戦じゃないので除外)

久世に勝利した後、涙を流す火ノ丸がまた最高だった。

やはり第1位は、この取組しかないと思う。

2位 「潮 火ノ丸vs天王寺 獅童(IH団体戦準決勝)」

高校相撲絶対王者である天王寺との再戦

個人戦では敗れてしまったが、堀 千鶴子の助言を元にした百千夜叉墜を決め、火ノ丸が勝利する。

天王寺のオーラを表現するためか、途中から彼の皮膚が黒くなっていったのが印象的。

この戦いに勝利した火ノ丸は、雄叫びを上げていた。

3位 「辻 桐仁vs澤井 理音」

IH団体戦決勝の次鋒戦。

桐仁の高校初の公式戦である。

20秒しか動けない力士である桐仁、更に久しぶりの公式戦とあって体が思うように動かない。

そんな状況の中、タイムリミットの20秒を越えながらも澤井と共に土俵の外へ崩れ落ちる。

桐仁の勝利かと思われたが、無情な同体の判定は絶望感が半端無かった。

そんな絶体絶命の状況で迎えた再取組。

もうダメかと思われたが、「渦切り」で澤井を瞬殺する展開は最高に格好良かった。

もし20秒のリミットが無くなったら、桐仁は相当強い力士になるだろうなと思う。



スポンサーリンク

4位 「三ツ橋 蛍vs首藤 正臣」

IH団体戦準決勝次鋒戦。

三ツ橋が奇策を繰り出してくることは誰もが思っていたことだが、まさか完全にそっぽを向くとは…。

この展開は読めなかった…。

結果的に三ツ橋は敗れてしまったが、物凄く印象に残る対決であった。

また、首藤君の存在感も大きく、ほとんど喋らず特別な功績を残した訳でもないのに、その見た目からかとても印象に残るキャラであった。

5位 「潮 火ノ丸vs沙田 美月(地方予選団体戦決勝)」

沙田との再戦。

一度火ノ丸に負け、更に自分を負かした火ノ山が久世に負けたことで自分が何番目に強いのかわからなくなり、闇堕ちした沙田

アップにしていた前髪も降りており、そのことがまた彼の闇っぷりに拍車をかけていた。

火ノ丸が、百千夜叉墜を完成させた取組でもある。

終わりに

火ノ丸相撲、好きな取組ランキングをお送りしました。

やはり国宝対決が上位を占めましたね。

しかもどれも団体戦という。

団体戦の方が個人戦よりも面白い傾向にあると思います。

大相撲編では果たしてどういった取組を見せてくれるのか?

楽しみにしたいと思います。

それではまた。

火ノ丸相撲に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク