【川田】火ノ丸相撲 第156話の感想【部長、まさかの大相撲へ】

Pocket

火ノ丸相撲 第156話の感想です。

それでは早速ご覧ください。


スポンサーリンク

火ノ丸相撲 第156話の感想

「火ノ丸vsチヒロ」

この対決は、最初の体育祭を加えると3度目ですね。

チヒロはアメリカに行ってしまうので、今回が最後の勝負となります。

しかし、五輪砕きを力づくで抜け出す火ノ丸は凄いですね。

チヒロは強いですが、まだ火ノ丸とは差があるように感じました。

これでチヒロはアメリカに行ってしまうんですね。

最終回辺りではホントに重量級チャンピオンになってるんでしょう。

「火ノ丸vs部長」

電車道で勝負が決するという、衝撃の展開でした。

いくら火ノ丸が連戦で消耗しているからと言って、まさか電車道とは…。

火ノ丸が電車道喰らうのは初めて見ましたね。

部長にも修羅の相が出ていました。

「部長も大相撲へ」

部長も大相撲へ進むという、こちらもまさかの展開でした。



スポンサーリンク


しかも、火ノ丸と同部屋を避け、駿海の部屋に入門するという。

非常に熱い展開で、今後が楽しみ過ぎますね。

終わりに

いかがでしたか?

今週はチヒロ・部長との取組でした。

非常に内容が濃い週でしたね。

特に部長の電車道、さらには大相撲へ行くという衝撃の展開が非常におもしろかったです。

これは大相撲編もやりそうですね。

久世に勝った後は連載終了だと思っていたので、これからも続くとしたら非常に嬉しいです。

これで大相撲には火ノ丸・久世・天王寺・部長がいることになりますね。

他はどうなんでしょうか?

加納は進学と言っていましたが。

大相撲編、とても楽しみですね。

来週はジャンプが休みなので、再来週まで読めないのがもどかしい…。

それではまた再来週。

これまでの火ノ丸相撲の感想はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク