【おすすめ】格闘漫画で好きな作品ランキングTOP5!【果たして1位はどの漫画か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

格闘漫画と言えば、これまでに沢山の作品が登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ格闘漫画で好きな作品ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【格闘漫画で好きな作品ランキングTOP5】

1位 「バキシリーズ」

「グラップラー刃牙」「バキ」「範馬刃牙」「刃牙道」「バキ道」といったように長きに渡って連載されており、単行本の累計は100巻以上に及ぶ。

最初見た時は変な絵だと思ったが、読んでいくうちに気にならなくなる。

それどころか、逆にこの絵の方が落ち着く様になるのが不思議である。

非常に個性的なキャラ達が多数存在し、近年では原始人や宮本武蔵まで登場した。

それに伴って、リアル格闘路線からはだいぶ逸脱している印象を受ける。

まぁ初期の段階でも、首に視神経が通っているという訳のわからない設定があったが…。

「時折意味不明な事をやっていても何故か面白い」

それがバキシリーズの魅力かもしれない。

2位 「TOUGHシリーズ」

「高校鉄拳伝タフ」「TOUGH」「TOUGH 龍を継ぐ男」といった長編格闘漫画。

タイトルの移り変わりや物語の展開など、バキシリーズと被る点が多い。

ヤンジャンにおけるバキと言える作品である。

青年誌で連載しているだけあって、少しアンダーグラウンド的な戦いが多い。

バキと同じく、リアル格闘路線からは逸脱して来ている。

3位 「餓狼伝」

元々は小説が原作だが、バキシリーズでお馴染みの板垣がリメイクした作品。

原作があるからか、バキシリーズに比べるとリアル格闘路線と言えるだろう。

ただ、やはり板垣節は健在であるのが特徴的。

もう何年も休載しており、今のところ再開の目処は立っていない。

このままお蔵入りとなってしまうのだろうか。



スポンサーリンク

4位 「軍鶏」

とにかく裏社会の人間ばかりが出て来る作品。

これ程アンダーグラウンドな格闘漫画もなかなか無いだろう。

特に少年院での展開は衝撃的である。

途中までは神展開であったが、徐々に失速していくのが残念。

最後の敵がアレじゃなぁ…。

原作者と作画担当が揉めて裁判沙汰になったりと、色んな意味で問題作である。

5位 「空手小公子小日向海流」

大学空手を中心に描かれた作品。

特別ファンタジー的な要素は無く、リアル路線の格闘漫画である。

50巻というなかなかの長期連載。

個性的なキャラも多数登場し、格闘漫画好きなら読んでおきたい作品だろう、

ただ、主人公に全く魅力が無いのが残念。

より魅力のある主人公ならもっと面白かっただろうに。

終わりに

以上、格闘漫画で好きな作品ランキングをお送りしました。

いずれも格闘漫画を代表する作品ばかりですね。

もし読んだことのない作品があれば、是非一度読んでみてください。

それではまた。

漫画に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク