「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」を観た感想について語ってみました!【今作の評価は果たして?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」についてのレビューをお送りしたいと思います。(ネタバレあり

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」レビュー

【良かった点】

ひろし・みさえが子供になる

ひろし・みさえの貴重な子供姿が見られます

特に、みさえが可愛い!髪結んだ後とか激かわです。みさえってホントは美人ですよね。

2人とも子供姿になっても、しっかり親を役目を果たしてました。

歴代のキャラクターがカメオ出演している

物語の途中に、歴代の劇場版キャラクターがカメオ出演しています。

僕が映画館で確認出来ただけでも、「サボテン、温泉わくわく、ユメミーワールド、やきそば、ハイグレ魔王、カスカベボーイズ、ヘンダーランド、ジャングル」のキャラが確認出来ました。

噂では全作品出てるらしいのですが、果たして?

是非、確認してみて下さい。

中盤のホラーテイストな展開

途中、野原一家及びシリリが、宇宙人オタクの家に行く場面があるのですが、そこでの展開が面白い。

しんのすけ達はシリリを隠しながら行くのですが、宇宙人オタクはシリリがいることを知っている。

宇宙人オタクはしんのすけ達を監禁し、シリリを奪おうとする。

そんな宇宙人オタクから逃げるしんのすけ達。

そこでの描写が、ホラー映画さながらで秀逸です。

しんちゃんの映画って、意外にホラー描写が上手いですよね。(踊れアミーゴの前半部分とか)



スポンサーリンク

シリリの内面的成長

物語当初は、常に父親の言うことに絶対服従だったのですが、終盤になると、父親の言うことに疑問を抱き始め、物事の善悪について自らの意思で判断出来るようになるまで成長します。

しんのすけ達と過ごすことで外の世界に触れ、内面的に自立していく姿が見所です。

ひろしの活躍

子供の姿になってもひろしはひろし。

雨降る中でも、みんなの為に必死にヒッチハイクに励んだりします。

終盤には、己の価値観・思想を息子に押し付けるシリリの父親に対し、父親とはどうあるべきかを必死に説きます。

その姿は、まさに理想の父親像と言えるでしょう。



スポンサーリンク

悪かった点

シリリのデザイン

映画を観る前から思っていましたが、もう少し可愛いデザインにならなかったのかと。

あのデザインはあまり好きではないですね。

中盤ダレる

宇宙人オタクの家から脱出した後は、野原一家は離れ離れになり、しんのすけとシリリのみで行動する場面があります。

しかし、その辺りの場面が少し退屈で、特にサーカスに捕らえられたシリリをしんのすけが助ける場面は、かなり無理がある気がしました。

どうやってしんのすけがサーカス会場に無理なく入れたのか?等。

また、会場から脱出する時に、あんな大砲で飛んで行ったら助からない気が…。

ラストシーン

ここが今回の映画の1番の不満点です。

宇宙船から脱出し、野原一家と暮らすことになったシリリ。家の修理も終わり、しばらく時が過ぎるとまた宇宙船がやってきて、そこから出てきたのはシリリの母親。シリリはすぐ母親の所へ行き、しんのすけも「じゃ」の一言で終わり。

…あっさりし過ぎてませんか?

どうせ自分星に帰るんだろうなとは思いましたが、やってきたのはシリリの母親。あなた今まで何してたの?

それまで一切出てこないし。

唐突過ぎます。

それなら改心したシリリの父親が迎えに来る展開の方が良かった気がします。

また、これまで苦楽を共にした野原一家に対して何の挨拶も無くさっさと帰るのはいかがなものかと。(しんのすけもしんのすけであっさりしてるし)

せっかく感動的な場面を演出出来るチャンスなのに、勿体無いなと思いました

(余談ですが、前の席に座っていたおばさんが「えっ?これで終わり?」とデカい声で言っていました)

全体的な総評

以上を踏まえて、yahoo映画風に5点満点で点数を付けるとすると、3.5点といったところでしょうか。

全体的にはまぁまぁの出来ですが、やはりラストが点数を下げてますね。

それでも、しんちゃんファンなら観に行ってもいいのではないでしょうか。

次の映画はどんな感じになるでしょうかね。楽しみです。

それではまた。

クレヨンしんちゃんに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク