【冨樫】「レベルE」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

「レベルE」と言えば、1990年代後半に週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画ですね。

「幽☆遊☆白書」でお馴染みの冨樫義博が描いた作品です。

SFをテーマにしているが所謂普通のSFとは異なり、冨樫流にアレンジされたSFと言える内容だと言えるでしょう。

「レベルE」の「E」とはエイリアンの頭文字を取ったつもりでしたが、

「エイリアンなら『E』ではなく『A』では?」

と指摘され、咄嗟に

「『E.T』の『E』なんですよ」

と誤魔化したらしいですね。

そんな「レベルE」ですが、冨樫作だけあって個性的なキャラが沢山登場します。

そこで今回は、個人的に選んだ「レベルE」で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「レベルE」で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「バカ=キ=エル・ドグラ」

本作の主人公的存在。

作中においては「バカ王子」とよく呼ばれていたが、これは本名に由来する。

宇宙一と評される程の天才的な頭脳を持つが、性格の悪さも宇宙屈指であった。

「最悪のケースの常に斜め上をいく」と言われる様に、彼の行動は常人には読めないものとなっている。

その為、絶体絶命な状況に思えても、それは彼の掌の上での事態に過ぎない事が多い。

しかし物語のラストにおいて、自身の妻となるルナ王女にだけはバカし合いにおいて敗北した。

2位 「黛 真夜」

原色戦隊カラーレンジャーの1人。

黒の力を有しており、小学生らしからぬ知的な空気感が特徴的な少年。

非常に冷静沈着であり、どんな状況においても落ち着いて行動する事が出来ていた。

密かに家で何度も変身しているらしく、カラーレンジャーの中では最もレベルが高いというのが地味に笑える。

3位 「クラフト隊長」

ドグラ星王立護衛軍隊隊長。

普段から王子に振り回されており、何かと気苦労が絶えない。

身長は190cmあり、絶好調時のムドーより強いとされている。

4位 「ルナ=ミ=マド・マグラ」

バカ王子の妻となる王女。

作中において、あのバカ王子とのバカし合いに唯一勝利した人物である。

ルックスも良いし起点は効くし、かなりの高スペックキャラと言えよう。



スポンサーリンク

5位 「坂本 奄悟」

「食人鬼編」に登場した人物。

かなりアウトローな風貌をしており、人脈も裏の匂いがするものばかりである。

ちなみに喧嘩は凄く弱いらしい。

6位 「ルチ将軍」

暗黒空軍竜騎士隊長。

バカ王子が作ったゲーム内に登場するキャラ。

カラーレンジャー達のレベルが50〜70ぐらいだったのに対し、レベル1300を誇っていた。

クソ真面目過ぎる性格がたまに傷。

7位 「夢野 九四郎」

「食人鬼編」に登場した人物。

普段は精神科医として勤務しているが、裏の顔は宇宙人に関する探偵である。

医院の受付嬢として危ねー女を雇っているが、この医者も十分危ないと思う。

8位 「魔王」

バカ王子が作ったゲーム内に登場するキャラ。

特別な人工知能が使われている。

王子がゲームの目的をインプットし忘れた為、魔王に似つかわしく無い性格の持ち主である。

9位 「岩田」

如月高校野球部のキャプテン。

その野生的な見た目により、校内の「抱かれたくない男ランキング」にて2年連続1位に輝いている。

しかし美人の彼女がいる為、本人は全く気にしていない。

10位 「百池 治」

カラーレンジャーの1人。

白の力を有する。

家が金持ちであり、5000万円くらいなら独断で動かせるらしい。

非常にプレイボーイであり、好きな女の子は60人以上に上るらしい。

末恐ろしいガキである。

終わりに

以上、「レベルE」で好きなキャラランキングをお送りしました。

非常に個性的なキャラばかりですね。

こういったキャラ達の存在が、「レベルE」の面白さを支えていると言えるでしょう。

またこういった作品を読んでみたいものですね。

まぁその前に「HUNTER×HUNTER」を最後まで描き切って欲しいですが。

果たして何年後になる事やら…。

それではまた。

漫画に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク