【最新版】漫画歴代発行部数ランキングTOP10!【果たして1位はどの漫画か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

漫画と言えば、これまでに数えきれない程の作品が世に登場しましたね。

そこで気になるのが、各々の作品がどれくらい売れているのか?という事ではないでしょうか。

そこで今回は、漫画歴代発行部数ランキングをお送りしたいと思います。

(2018年12月現在データ)

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【漫画歴代発行部数ランキングTOP10】

1位 「ONE PIECE」

累計発行部数→約3億6000万部

現在の日本において圧倒的な売上を誇る漫画。

物語はまだまだ終わりそうになく、発行部数はまだまだ伸びるのは確実である。

少なくとも5億部は行くだろう。

どこまで記録を伸ばすか楽しみである。

2位 「名探偵コナン」

累計発行部数→約2億部

体は子供、頭脳は大人」でお馴染みの探偵漫画。

単行本の売り上げも凄いが、劇場版作品の興行収入がエゲツない。

こちらの作品もまだまだ終わりそうになく、これからも記録を伸ばすだろう。

2位 「ゴルゴ13」

累計発行部数→約2億部

凄腕スナイパーであるゴルゴ13の物語を描いた漫画。

50年以上も連載されているという超長期連載漫画として有名である。

果たして連載はいつまで続くのか?

4位 「DRAGON BALL」

累計発行部数→約1億5700万

何でも願い事が叶うという7つの玉を巡る物語。

言わずと知れた超人気バトル漫画であり、日本だけに留まらず世界中でも大人気である。

連載終了から20年以上経った今でも新作映画が制作されるなど、その人気は衰え知らずと言えるだろう。

5位 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

累計発行部数→約1億5650万部

週刊少年ジャンプにて40年間も連載されていたギャグ漫画。

これだけの長期連載ながら、一度も休載しなかったというのが驚きである。

連載が終了した時には、「こち亀ロス」なる現象が発生した。



スポンサーリンク

6位 「NURUTO-ナルト-」

累計発行部数→約1億3500万部

ナルトが火影を目指す物語。

国内でも人気だったが、海外においても高い人気を誇る作品。

今ではナルトの息子の活躍を描いた「BORUTO-ボルト-」が制作されている。

7位 「美味しんぼ」

累計発行部数→約1億3000万部

その売上や知名度から言って、グルメ漫画の最高峰と呼べる作品だろう。

8位 「SLAM DUNK」

累計発行部数→約1億2000万部

バスケ漫画の金字塔。

日本ではまだマイナースポーツであったバスケをメジャーに押し上げた作品である。

9位 「ドラえもん」

累計発行部数→約1億部

みんなご存知の国民的漫画。

アニメも映画も何十年と続いている。

9位 「鉄腕アトム」

累計発行部数→約1億部

漫画の神様と言われる手塚治虫の代表作の1つ。

9位 「ジョジョの奇妙な冒険」

累計発行部数→約1億部

他の少年漫画とは一線を画す絵柄が特徴的。

ジョジョ立ち」と呼ばれる奇妙なポーズや、「だが断る」など様々な名言を生み出してきた。

9位 「タッチ」

累計発行部数→約1億部

野球漫画として最高の売り上げを誇る。

終わりに

以上、漫画歴代発行部数ランキングをお送りしました。

いずれも日本を代表する漫画ばかりですね。

今後はこのランキングがどう変動するのか?

要注目ですね。

それではまた。

漫画に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク