マリオシリーズで好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

マリオシリーズと言えば、これまでに沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだマリオシリーズで好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【マリオシリーズで好きなキャラランキングTOP10】

1位 「マリオ」

マリオシリーズにおいて好きなキャラを語る上で、このキャラはやはり外せないだろう。

ギネスにおいて「ゲーム史上、世界で最も知られているゲームキャラクター」として認定されており、全世界において愛されている偉大な存在である。

マリオという名前は、あるイタリア人の名前が由来らしい。

年齢は26歳前後であり、意外と若い。

初期は配管工という設定であったが、今ではマリオ・トイ・カンパニーという玩具会社を経営している。

いつのまにか出世したもんだ。

2位 「クッパ」

マリオの永遠のライバルである大魔王。

よくピーチ姫をさらうが、いつもマリオによって阻止されている

この流れは定番であり、ゲームの中でもメタフィクション的に取り上げられる事もあった。

このクッパという名前は、焼肉屋のメニューにあるあのクッパから来ているらしい。

3位 「ヨッシー」

スーパーマリオワールドで初登場した恐竜。

マリオの良きパートナーとなっている。

非常に人気があるキャラであり、

「ヨッシーのたまご」

「ヨッシーアイランド」

「ヨッシーストーリー」

などなど、彼が主役を張る作品が多数発売されている。

そのため、巷ではマリオの座を狙っているのでは?と噂される事も多い。

果たしてヨッシーの真意は如何に?

4位 「ワリオ」

「スーパーマリオランド2」で初登場した、悪いマリオと呼べるキャラ。

「スーパーマリオランド2」では敵キャラとして登場したが、「スーパーマリオランド3」では何とマリオに代わり主役の座を射止めている。

他の作品においてもプレイヤーキャラとして登場する事が多い人気キャラに成長した。

見た目通りなパワーファイターであり、

「握力80kg以上」

「ベンチプレス200kg以上」

を誇るらしい。

ちなみにベンチプレス200kgと言えば、現役時代の貴乃花と同じくらいである。

5位 「ピーチ」

キノコ王国のお姫様。

しょっちゅうさらわれる困った人。

一説には、わざとさらわれているんじゃ?なんて声もある。

彼女にはGPSを持たせた方が良いかと。



スポンサーリンク

6位 「クリボー」

「スーパーマリオブラザーズ」で初登場した敵キャラ。

マリオシリーズの敵キャラと言えば、このキャラを思い浮かべる人も多いだろう。

踏み付け一発でやられる最弱キャラ

元々はキノコ王国の兵士だったが、クッパ側に寝返ったらしい。

クリボーは裏切り者だったのか…。

7位 「ノコノコ」

前述したクリボーと並び、マリオシリーズの敵キャラを代表する存在

「マリオカート」や「マリオテニス」などでプレイヤーキャラとして登場するなど、一介の雑魚キャラから随分と出世している。

8位 「キャサリン」

全身ピンク色であり、頭に付けた大きなリボンが特徴的な恐竜。

「スーパーマリオUSA」以降、マリオファミリーの仲間入りを果たすこととなる。

当初はオカマであったが、最近の作品ではメスとして扱われる事もある。

本当はどっちなんだか…。

9位 「ワルイージ」

「マリオテニス64」で初登場した、ルイージのライバル。

ワリオとダブルスを組むのに相応しいキャラとして急造されたキャラである。

大活躍をしているマリオブラザーズに対抗出来る力を備えるまで、下積みを続けてきた苦労人」らしい。

下積みって、一体何をして来たのかが気になる…。

10位 「ルイージ」

マリオの弟。

緑色のオーバーオールが特徴的。

マリオと共にプレイヤーキャラとして登場する事が多いが、マリオに比べて少し癖のある性能である事が多い。

スマブラシリーズでは「永遠の2番手」と揶揄される事があるが、ヨッシーやクッパなどの人気キャラの存在を踏まえると、2番手にすらなれているかどうか怪しいものである。

終わりに

以上、マリオシリーズで好きなキャラランキングをお送りしました。

1位はやはりマリオですね。

最早、世界的なキャラクターとなっています。

他にも魅力的なキャラが多いですね。

果たして今後はどんなキャラが登場してくるでしょうか?

楽しみですね。

それではまた。

マリオシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク