【ミスチル好き必見!】Mr.Childrenシングル曲に関する豆知識(雑学)を集めてみました【あなたは果たして全て知っているか?】

Pocket

メジャーデビューから25年以上が経過し、発売されたシングル曲は35曲を超えるMr.Children。

今回はそんなミスチルのシングル曲に関する豆知識(雑学)を紹介したいと思います。

それでは早速ご覧下さい。


スポンサーリンク

Mr.Childrenシングル曲に関する豆知識(雑学)を集めてみました

「君がいた夏」

アマ時代のタイトルは「夏が終わる」だった。

「抱きしめたい」

元々はクリスマスソングとして制作されていた。

「Replay」

シングルで初のオリコンTOP20入りを記録した曲。

「CROSS ROAD」

初のオリコンシングルTOP10に入り、ロングヒットを続け初のミリオンを突破した曲。

「innocent world」

初のオリコンシングルチャート1位を獲得した曲。

初のオリコン年間チャート1位を獲得した曲でもある。

仮タイトルは「innocent blue」だった。

「Tomorrow never knows」

売上は約276.6万枚であり、ミスチルのシングルで最大のヒット曲。

仮タイトルは「明日への架け橋」又は「金のしゃちほこ」だった。


スポンサーリンク

「everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-」

最初は「Tomorrow never knows」のカップリング曲となる予定だったが、出来が良かったためにシングル曲となった。

「【es】 〜Theme of es〜」

「es」とは、心理学用語で「自我の一種」という意味。

「シーソーゲーム
〜勇敢な恋の歌〜」

売上約181万枚と、ノンタイアップシングルとしてはオリコン歴代1位の売上を誇る。

「名もなき詩」

初動売上は約120万枚であり、オリコン史上初めて初動のみでミリオンを突破した曲。

「花 -Mémento-Mori-」

「Mémento-Mori」とは、ラテン語で「死を想え」という意味。

「マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-」

「Bootleg」とは英語で「海賊版」という意味。

「Everything (It’s you)」

仮タイトルは「エアロ」だった。

「ニシエヒガシエ」

バンド活動休止中にリリースされた曲。

「終わりなき旅」

ミスチル最後のミリオンを突破したシングル。

「光の射す方へ」

この曲の制作時期は、前作の「終わりなき旅」より早い。

「I’LL BE」

「ファンクラブ会員が最もライブで聴きたい曲」で2位に選ばれた。

「口笛」

「ファンクラブ会員が最もライブで聴きたい曲」で1位に選ばれた曲。

終わりに

いかがでしたか?

とりあえず今回は「君がいた夏」から「口笛」までをお送りしました。

その曲の背景を知ると、また違った感じで聴くことが出来ますよね。

これ以降のシングルについては、また後日紹介したいと思います。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

Mr.Childrenに関するその他の記事はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク