【ミスチルファンがガチで選んだ】Mr.Childrenで好きなバラードランキングTOP10!【バラードならこの曲がおすすめ】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

メジャーデビューから25年以上が経過し、これまでたくさんの曲を私たちに届けてくれたMr.Children。

そこで今回は、個人的に選んだミスチルで好きなバラードランキングをお送りしたいと思います。

果たしてどんなランキングになるのか?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【Mr.Childrenで好きなバラードランキングTOP10】

1位 「and I love you」

「四次元 Four Dimensions」の中の一曲であり、「タガタメ」の核心部分をシンプルにするというコンセプトで作られた。

1番は静かに始まるが、2番からドラムが入ると曲の雰囲気はガラッと変わり、重厚なサウンドとなる。

「I love you」という想いの、優しさと力強さを表現した曲と言えるのではないか。

ちなみに、この曲はわずか30分で作られたという逸話があり、改めて桜井の才能を思い知らされる。

2位 「タガタメ」

アルバム「シフクノオト」の中の一曲。

演奏時間が7分近くもあり、壮大な構成となっている。

バラードというよりは強いメッセージソングかもしれないが、ゆったりとしたリズムから今回ランクインさせた。

ライブでの迫力が一段と凄い一曲。

3位 「HERO」

桜井和寿が小脳梗塞から復帰した後のシングルであることから、非常に思い入れのある楽曲。

桜井の体調を考え、1・2番のサビをファルセットで歌っているが、ラストサビは地声を張り上げて歌う様が感動的。

PVでのクレイアニメも印象的である。

シフクノオトにおいて、「タガタメ→HERO」と続く流れは毎回心を揺さぶられる。

4位 「風と星とメビウスの輪」

アルバム「SUPERMARKET FANTASY」の中の一曲。

始まりこそ静かな曲調だが、間奏にて壮大な曲へと変貌する。

そのメロディは、タイトルの通り星空が見えるかの様。

雲に隠れていた夜空が一斉に満点の星空に変わる印象を受ける。

ラストサビの桜井のシャウトも圧巻の一言に尽きる。

5位 「Hallelujah」

アルバム「Q」の中の一曲であり、リードナンバー。

元々は「I’LL BE」のカップリング曲候補であったが、出来が良かったために変更された楽曲。

後に、ベストアルバム「Mr.Children 1996-2000」にも収録され、ファンの中でも人気が高い一曲。

6位 「抱きしめたい」

この曲は発売当初は全く売れなかったが、ミスチルがブレイクした後は有名なラブソングとなった。

他アーティストからの人気も高く、音楽番組等でこの曲をカバーしたアーティストも多い。



スポンサーリンク

7位 「Sign」

オリコンチャートの登場週数が46週を記録し、「CROSS ROAD」の50週に次ぐロングセラーとなった曲。

ドラマの影響からか、青春時代の恋模様が連想される。

PVにおいてニット帽姿で歌う姿も印象的。

8位 「365日」

アルバム「SENSE」の中の一曲。

アルバム発売前からCM曲として流れており、ずっと話題になっていた曲。

ファン及び一般の間でも人気が高い。

ライブにおいては「人が愛し合える日数=365日」というメッセージと共に流れ出す一曲。

9位 「しるし」

演奏時間が7分以上と、壮大なボリュームで描かれたラブソング。

桜井自身も「最高のラブソングが出来た」と発言しており、普段ミスチルを聴かない人でも一度は耳にしたことがあるであろう名曲。

10位 「花の匂い」

「SUPERMARKET FANTASY」の中のラストナンバー。

桜井自身が亡くなった自分の父親に向けて書いた曲と言われており、歌詞の内容は死を連想させる部分もある。

天国にいる大切な人を思い浮かべる楽曲

終わりに

いかがでしたか?

個人的に好きなランキングはこんな感じになります。

数あるバラードの中からTOP10を選ぶのは大変でした。

ミスチルは名曲揃いだなと改めて思い知らされましたね。

これからも、私たちの心に響く曲を届けてくれることでしょう…。

それではまた。

Mr.Childrenに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク