【ミスチル】Mr.Childrenで好きな曲ランキングTOP50!【果たして1位はどの曲か?】

Pocket

どうもゼロクワです。

今回は、ファン歴20年以上のミスチル好きが独断と偏見で選んだ、Mr.Childrenで好きな曲ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【Mr.Childrenで好きな曲ランキングTOP50】

1位〜10位

1位 シーラカンス

アルバム「深海」の曲。

静かにゆったりとした曲調で始まるが、「ある人は言う」で転調し、重く闇を抱えたようなサウンドになるのが堪らない。

20年以上経っても色褪せない、珠玉の名曲。

2位 NOT FOUND

ドラマ『バスストップ』主題歌。

切なさを感じさせる歌詞を、力強いメロデイに乗せて歌っている。桜井和寿本人が「この曲のために活動を続けてきた」と発言した程の名曲。

3位 フェイク

映画『どろろ』主題歌。

男女間の偽りの恋について歌った曲。桜井和寿の闇の部分が出ていて凄く好み。

4位 CENTER OF UNIVERSE

最初はゆっくりとしたテンポだが、サビ前から急激に速くなるのが特徴。途中、口が回らなくなる程早口で歌う箇所が個人的にはお気に入り。

ライブでの演奏回数も多い人気曲

5位 風と星とメビウスの輪

曲が進むにつれて、ストリングス等の色々な音が加わってくる。歌詞・メロデイ共に凄く壮大で、この曲を聴くといつも満天の星空を思い浮かべてしまう。

6位 ニシエヒガシエ

ライブの定番曲であり、非常に盛り上がる曲。桜井和寿の攻撃的な一面が現れている曲と言えよう。

7位 and I love you

「I love you」という気持ちを、曲前半は綺麗に、曲後半は力強く歌った曲。

この曲は、桜井が他のレコーディングの合間に30分で書いたという逸話がある。このクオリティを30分で作れる桜井の才能に、改めて脱帽してしまう。

8位 youthful days

切なさと繊細さが織り混ざったメロデイライン、その裏腹で疾走感もある楽曲。聴いていて凄く気持ちが良い。

なお、2番のサボテンの歌詞は桜井の実話に基づいているらしい。

9位 終わりなき旅

疲れた時、負けそうな時、挫けそうな時、この曲を聴くととても励まされる。

この曲のリリース前、ミスチル自体もバンド活動休止していたりと色々あった時期でのリリースなので、とても印象に残っている曲。

10位 innocent world

メッセージ性の強い歌詞を、爽やかなメロデイに乗せて歌った楽曲。

ライブでもよく歌われ、ライブでは1番を観客に歌わせることが多い。その時の会場の一体感が心地良い


スポンサーリンク

11位〜20位

※11位以下は説明を省略する。

11位 花の匂い

12位 タガタメ

13位 シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

14位 Worlds end

15位 擬態

16位 Over

17位 蘇生

18位 抱きしめたい

19位 隔たり

20位 名もなき詩

21位〜30位

21位 しるし

22位 口がすべって

23位 未来

24位 sign

25位 HERO

26位 Tomorrow never knows

27位 Monster

28位 箒星

29位 口笛

30位 fanfare

31位~40位

31位 PADDLE

32位 fantasy

33位 ひびき

34位 ランニングハイ

35位 Marshmallow day

36位 終末のコンフィデンスソング

37位 彩り

38位 CROSS ROAD

39位 I’ll be

40位 掌

41位〜50位

41位 エソラ

42位 Hallelujah

43位 Everything (It’s you)

44位 いつでも微笑みを

45位 LOVE はじめました

46位 言わせてみてぇもんだ

47位 HANABI

48位 くるみ

49位 Any

50位 マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

終わりに

以上、Mr.Children好きな曲TOP50をお送りしました。

どれもホントに名曲ばかりですね。

ただ、今回順位付けはしていますが、どの曲も凄くいい曲です。1位と50位に差なんてほぼないです。

また、今回ランキングに入らなかった曲もいい曲ばかりです。

賛否両論あると思いますが、僕の個人的なランキングはこんな感じでした。

皆さんの好きな曲はどんな感じでしょうか?

それではまた。

ミスチルに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク