「NARUTO-ナルト-」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

NARUTOと言えば、これまでに沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだNARUTO-ナルト-」で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「NARUTO-ナルト-」で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「うずまきナルト」

この漫画の主人公。

当初は子供でしかなかったが、物語が第2部に入ると共に成長して逞しくなった

やがて九尾の妖狐である九喇痲とも心を通わせ、更には六道仙術を開花させることとなる。

作中最強クラスの忍者。

ラストでは、幼い頃からの夢であった火影になっていた。

2位 「うちはサスケ」

ナルトの最大のライバルであり親友。

輪廻眼や須佐能乎を使いこなし、ナルトと同じく作中最強クラスの忍者である。

読者からの人気投票では、主人公のナルトを抑えて1位になる事が多かった。

3位 「うちはイタチ」

サスケの兄。

両親を殺した事でサスケからずっと怨まれていたが、それは愛する弟を守る為にとった行動であったと判明した時にはとても切なくなるものであった。

「穢土転生の術」で蘇った後もカブトを封じる為に活躍するなど、終始頼りになる兄である。

4位 「うちはマダラ」

かつてのうちは一族の長。

第四次忍界大戦では圧倒的な強さを誇り、穢土転生による不完全な蘇生状態においても五影全員を圧倒した。

輪廻天生の術による完全復活後は、十尾の人柱力となり無限月読を発動させることに成功する。

そんな彼だが、実際はカグヤに利用されていた存在にしか過ぎなかった。

5位 「千手柱間」

初代火影。

当時の忍界において「最強の忍」と言われており、第四次忍界大戦で蘇った際も大蛇丸から「他の火影とは別格」と称されている。

マダラとの戦闘は、次元の違うレベルで繰り広げられていた。



スポンサーリンク

6位 「大筒木カグヤ」

NARUTOにおけるラスボスであり、最強の人物。

とにかく何でも出来るという印象。

続編のBORUTOにおいても、彼女の影響力は続いていた。

7位 「大筒木ハゴロモ」

前述した大筒木カグヤの長男。

六道仙人とも呼ばれる忍びの神である。

神話の様に思われていたが実在の人物であり、第四次忍界大戦ではナルトとサスケに力を授けている。

8位 「うちはオビト」

過去に死んだと思われていたがマダラによって助けられており、その後は暁を結成して「月の目計画」を企てていた。

しかし、あくまでマダラに利用されていたに過ぎず、最期はカグヤの攻撃からカカシを守る為に犠牲となる。

9位 「はたけカカシ」

ナルト・サスケ・サクラの師匠。

忍術はもちろんのこと、忍びとして大切な心構え等も彼から学んだ。

ナルトが火影となった後も、彼を支えている。

どんな時でも頼りになる存在と言えよう。

10位 「波風ミナト」

ナルトの父であり、4代目火影。

故人であったが、第四次忍界大戦において「穢土転生の術」によって蘇生しナルト達と共闘した。

ナルトとの最後の別れが泣ける。

終わりに

以上、NARUTOで好きなキャラランキングをお送りしました。

個人的には強いキャラが好きですね。

皆さんの好きなキャラはどんな感じでしょうか?

それではまた。

NARUTOに関するこれまでの記事一覧はこちら




スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク