【N64】NINTENDO64名作ソフトランキングTOP10を作成してみた

Pocket

今回は、個人的に面白かったNINTENDO64のソフトランキングについてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【NINTENDO64名作ソフトランキングTOP10】

1位 「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」

前作「時のオカリナ」が王道であるのに対し、この作品は邪道であると言えよう。

「3日間という制限時間付き」

「時間を巻き戻しながらストーリーを進める」

「不気味な世界観」

「月がとにかく怖い」

とにかく変化球だったと思う。

そんなクセの強い作品だが、一度ハマると止められない程面白く、ひたすらプレイした。

好みが分かれると思うが、個人的にはゼルダシリーズの中でも最高傑作の部類に入る。

2位 「スーパーマリオ64」

これまでずっと2Dだったマリオが、3Dになったという偉大な作品。

敵にパンチが出来たり、マリオの声がかん高いところも印象的だった。

ただ、この作品は怖い

とにかく怖い。

世界観自体は怖くないはずなのだが、無機質というか不気味な箇所が多々ある。

「ウツボ」

「ピアノ」

「無限階段」

辺りはトラウマになる程。

面白かったけれど、同時に怖かった作品。

マリオでこんなに恐怖するとは思わなかった。

3位 「ゼルダの伝説 時のオカリナ」

64のソフトで初めてミリオンセラーを達成した作品。

これまでの2Dから3Dに変わったことで、謎解きのバリエーションも格段に増えている。

「ムジュラの仮面」が変化球なら、こちらは直球

王道と呼べる作品だろう。

ガノンドロフが初登場したり、ゼルダ姫が驚きの身体能力を見せたのが印象に残っている。

4位 「マリオカート64」

ハードがスーファミから64になったことでグラフィックが向上し、コースを走る楽しさが倍増した。

他にも、3つ所持できるアイテムが現れたのも印象的。

個人的にはワリオスタジアムを走るのが楽しかった。

5位 「ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ」

ご存知、スマブラシリーズの第1作目。

単純なルールながら奥深く、多くの人達を魅了した。

友達と4人対戦すると最高に楽しい作品。

ドンキーコングの道連れとか面白かったなぁ。



スポンサーリンク

6位 「ゴールデンアイ007」

こちらも4人対戦が最高に楽しい作品。

友人とよくやった思い出がある。

チョップや黄金銃といったフレーズが懐かしい。

7位 「マリオテニス64」

最初はマリオがテニスするだけなんて面白いのかと思ったが、やってみるとこれが面白いこと。

意外にハマったソフト。

ちなみに持ちキャラはワルイージだった。

8位 「実況パワフルプロ野球6」

6つの大学が登場するという、非常にボリュームのあるサクセスが楽しかった。

各大学それぞれに特徴があるが、1番印象に残ってるのは仏契大学の大豪月だろう。

彼のインパクトは大きかった。

9位 「実況パワフルプロ野球5」

サクセスは高校生活が舞台となっている。

赤とんぼ高校を使って、キャラ育成をよくしていた思い出がある。

10位 「実況パワフルプロ野球4」

ハードがスーパーファミコンから64になったことで、様々な面がパワーアップした作品。

特に変わったことと言えば、3Dスティックが付いたことだろう。

これにより、バッテイング操作が格段にしやすくなった。

3Dスティックはパワプロの為に作られたんじゃないかと思う程マッチしている。

終わりに

いかがでしたか?

NINTENDO64名作ソフトランキングTOP10をお送りしました。

ランキングを見るとわかるように、任天堂のソフトとパワプロしかランクインしませんでした。

64はあまりハードが普及しなかったこともあり、ソフトもそこまで充実しませんでしたね。

プレステに覇権を取られたし。

とは言え、64には質の良いソフトが揃っていると思います。

また、対戦が特に楽しいソフトが多いですね。

ファミリー向けのハードだと思いました。

それではまた。

ゲームに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク