「ONE OUTS」で好きなキャラランキングTOP5!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

「ONE OUTS」と言えば、ビジネスジャンプで連載されていた野球漫画ですね。

今までの野球漫画とは一線を画す内容であり、「野球版アカギ」と言われた作品です。

単行本は20巻まで発行され、登場人物も結構な数となりました。

そこで今回は、「ONE OUTS」で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「ONE OUTS」で好きなキャラランキングTOP5】

1位 「渡久地 東亜」

本作の主人公。

球速120km程度のストレートしか投げられないが、心理戦において異常なまでの強さを誇る。

その強さは悪魔的と言える程であり、相手の心の中が完全に読めているかの様であった。

また、一口にストレートと言っても、回転数を操る事によって様々な種類のストレートを投げる事が可能。

ほとんど点を取られる事がなく、終盤でわざと防御率を上げるまでは、防御率0点台という驚異的な数字であった。

新人ながら、1人だけ別次元の実力を誇る選手である。

最後に居なくなってしまうのが寂しいところ。

2位 「高見 樹」

千葉マリナーズの5番バッター。

天才的なバッティングテクニックを持ち、日本を代表するアベレージヒッターである。

技術だけでなく洞察力にも長けており、渡久地の球の秘密にもすぐ気付いていた。

更にはイケメンという高スペックキャラである。

3位 「河中 純一」

フィンガースのエース。

昨年度の新人王であり、150km以上の速球と落差の激しいフォークが驚異である。

こちらも、早くから渡久地の凄さに気付いていた。

更にはイケメンでもある。

ONE OUTSにおける実力者は、イケメンが多い。



スポンサーリンク

4位 「児島 弘道」

埼京彩珠リカオンズ不動の4番。

これまでに三冠王を二度獲得するなど、国民的人気を誇る天才打者である。

武士の様な性格が特徴的な人物。

渡久地をプロ野球の世界へと誘った。

5位 「天海 太陽」

フィンガースの主砲。

高いセンスを誇り、球界を代表する天才バッターである。

シーズン開幕当初は怪我で戦線離脱していたが、途中から復帰した。

復帰後は、1試合4ホーマーという驚異的な成績を残した事もある。

終わりに

以上、「ONE OUTS」で好きなキャラランキングをお送りしました。

いずれもこの漫画を代表する実力者ばかりですね。

まぁその中でも、結局は渡久地が1番凄いんですけど。

この漫画で起こる事は、全て彼の掌の上にしか過ぎないって感じでしたね。

普通の野球漫画とは一線を画す、とても面白い内容だったと思います。

それではまた。

漫画に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク