【ワンピース】「ONE PIECE」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

ONE PIECEと言えば、これまでに沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだONEPIECEで好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

果たしてどんなランキングとなるのか?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ONE PIECEで好きなキャラランキングTOP10】

1位 「シルバーズ・レイリー」

元ロジャー海賊団副船長であり、「冥王」と呼ばれる生きる伝説。

老齢でありながらその実力は未だ健在で、初登場のシャボンディ諸島時点において、ルフィの100倍強いと言われていた。

これでも全盛期より大分衰えている様だが、黄猿とも互角に渡り合っており、全盛期は一体どれぐらい強かったのだろうか?

武装色・見聞色を使えるのは勿論のこと、覇王色までも使えるというまさに万能キャラ。

威厳や風格もあり、非常に頼れる人物と言えよう。

2位 「モンキー・D・ドラゴン」

ルフィの父親であり、「世界最悪の犯罪者」と呼ばれている革命軍総司令官である。

その素性はほとんど明らかになっておらず、まだまだ謎の多い人物。

ルフィ達と関わってくるのは、恐らく物語の終盤だろう。

その設定からして、今後の登場がとても楽しみな人物。

3位 「ジュラキュール・ミホーク」

王下七武海の一人であり、世界最強の剣士。

ゾロの倒すべき目標であったが、彼に修行をつけてやる等、最終的には味方になるのだろうか?

ゾロの師匠的なポジションに落ち着く様な気もするが果たして?

全力の戦闘が見たい人物の一人。

4位 「カイドウ」

四皇の一人であり、「世界最強の生物」と呼ばれる海賊。

高度1万mの高さから落ちても無傷という、異常な耐久力を誇る。

百獣のカイドウ」の異名から、動物系の能力者なのだろうか?

白ひげとどっちが強かったのかが気になるキャラ。

5位 「シャンクス」

四皇の一人であり、ルフィ憧れの人物。

「白ひげと激突する」

「カイドウと小競り合いを起こす」

「赤犬の攻撃を受け止める」

等、高い戦闘力を持つ。

しかし、これほどの力を持ちながら海王類程度に左腕を喰われたのは未だに納得がいかない。

両腕があったらどれだけ強かったのだろうといつも思ってしまう。



スポンサーリンク

6位 「マゼラン」

インペルダウン元署長。

ドクドクの実の能力者であり、ルフィや黒ひげ一味を一蹴する程強い。

にも関わらず、技の使いすぎによってよく下痢を起こし、毎日約10時間トイレに籠っている。

その一方で睡眠は8時間は取るため、食事と休憩の時間を差し引けば勤務時間は1日約4時間程しかないという設定が面白い。

7位 「クザン」

元海軍大将青雉。

だらけきった正義」がポリシーだった男。

赤犬との戦闘に敗れてからは、放浪者のようになっている。

今後物語にどう絡んでくるか注目。

黒ひげ海賊団と裏で通じているようだが、果たしてその真意は如何に?

8位 「ロブ・ルッチ」

CP-0諜報部員。

CP9時代はルフィに敗れたが、CP0となり覇気も覚えてパワーアップした彼の活躍が楽しみ。

体術のレベルとしては相当高い部類だろう。

その風貌・風格はとても30歳には見えない。

9位 「サボ」

ルフィ・エースと盃を交わした義兄弟。

22歳の若さで革命軍No.2である。

ドレスローザ編では、黒ひげ海賊団のバージェスに完勝する強さを見せつけた。

メラメラの能力を手に入れた彼の今後の活躍に注目したい。

いつかルフィの仲間になる…のは無いか。

10位 「ゴール・D・ロジャー」

海賊王であった伝説の海賊。

世間的には故人であるが、個人的には何処かで生きているのではないかと考える。

今後、物語に絶対絡んでくるであろう存在。

終わりに

いかがでしたか?

ONE PIECEで好きなキャラランキングをお送りしました。

こうしてみると麦わらの一味は誰もランクインせず、敵キャラが多い気がします。

やはり強いキャラが好きですね。

ルフィが作中最強になるのは果たして何年後か…。

そして、物語は何巻で完結するのか?

まだまだまだまだ終わりそうもないですね。

これからも私たちを楽しませてくれることでしょう。

それではまた。

ONE PIECEに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク