【龍が如く】近江連合で好きなキャラランキングTOP5!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

龍が如くに登場する組織である近江連合と言えば、東城会のライバルとしてお馴染みですよね。

これまでに沢山のキャラが登場しました。

そこで今回は、個人的に選んだ近江連合で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【近江連合で好きなキャラランキングTOP5】

1位 「郷田 龍司」

五代目近江連合直参二代目郷龍会会長。

「龍が如く2」におけるラスボスである。

金髪のオールバックに大柄な体格が特徴的な人物。

関西の龍」との異名を持ち、龍の名をかけて桐生と死闘を繰り広げた。

「強さ」

「存在感」

「カリスマ性」

などを持ち合わせており、龍が如くシリーズにおいて最高のラスボスとの呼び声が高い。

ラストバトル以降は生死不明であったが、一応生きているらしい。

外伝であるOF THE ENDには登場したが本編には登場していないので、いつか再登場して欲しい存在である。

2位 「渡瀬 勝」

「龍が如く5」に登場した、七代目近江連合若頭及び直参渡瀬組組長。

郷田龍司が去った後の近江連合において、一番の武闘派として知られている。

実際、「強い奴と喧嘩がしたくてヤクザになった」と自ら豪語する程であった。

義理人情に厚く筋の通った人間である為、周りからの人望もある。

キャラとしても非常に魅力的なのでラスボスを務めるかと思ったが、それは叶わなかった。

是非ラスボスを務めて欲しかった人物である。

3位 「佐川 司」

「龍が如く0」に登場した、五代目近江連合直参佐川組組長。

一見するとゆるい感じの雰囲気に見えるが、時折見せる冷酷さや執着心が印象的な人物である。

真島の監視役であるが、物語が進むにつれてお互い協力し合あう奇妙な関係になっていった。

顔は矢沢永吉に似ている。



スポンサーリンク

4位 「勝矢 直樹」

「龍が如く5」に登場した、七代目近江連合本家本部長兼直参逢坂興業会長。

元アクション俳優という異色の極道である。

彼と言えば、何と言っても「全裸で腕立て伏せ」をしていたのが印象的。

せめてパンツくらいは履こうよと、誰もが思った事だろう。

5位 「西谷 誉」

「龍が如く0」に登場した、五代目近江連合直参鬼仁会会長。

色々な面において非常に変わり者の人物である。

その性格やドスを主体とした戦闘スタイルは、後の真島に大きく受け継がれた。

終わりに

以上、近江連合で好きなキャラランキングをお送りしました。

いずれも近江連合を代表するキャラばかりと言えるでしょう。

果たして今後はどんなキャラが登場するのか?

要注目ですね。

それではまた。

龍が如くシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク