【PlayStation2】プレステ2で面白かったRPGランキングTOP5を作成してみた

Pocket

今回は、個人的にプレステ2で面白かったRPGランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。




スポンサーリンク


【プレステ2で面白かったRPGランキングTOP5】

1位 「ファイナルファンタジーⅩ」

この作品をプレイして最初に驚いたのはそのグラフィック

プレステで発売された前作から格段に進化しており、特にムービーにおいては実写なんじゃないかと思う程のクオリティ。

次世代のFFをまざまざと見せ付けられた。

また、ストーリーやゲーム性も素晴らしく、基本的に一本道で自由度が少ないのにも関わらず全くダレないのは凄いと思う。

個人的にはFFシリーズの中でもトップクラスに好きな作品

2位 「ドラゴンクエストⅧ 空と海と呪われし姫君」

前作までの2D見下ろし視点からは打って変わり、フル3Dとなった作品。

鳥山絵を忠実に再現したそのグラフィックは、次世代のドラクエを感じさせるものだった。

街やフィールドを歩いているだけで楽しい

そう思わせてくれる作品。

あまりに面白かったので、発売日当日に15時間ぶっ続けでプレイし、翌日にはクリアしてしまったのは良い思い出。

3位 「キングダムハーツⅡ」

スクエニとディズニーがタッグを組んだRPGの第二弾。

前作はコラボゲー感が強い印象を受けたが、Ⅱになってストーリーや戦闘システム等のゲームとしての質が格段に増したと思う。

ゲームをプレイしていてこんなに面白いと思った作品は久しぶりだった。

欲を言えばグーフィーやドナルド等、ソラ以外のキャラも操作出来るとより面白かったと思う。




スポンサーリンク


4位 「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」

SFC版のリメイク。

リメイク版をプレイして最初に思ったことは「戦闘のテンポが速い」ということ。

まぁとにかく速いこと。

このテンポの速さにより、爽快感やスピード感があるのは凄く良かった。

肝心の内容については、元々名作なので相変わらず面白い。

名作はいつの時代も名作である。

ただ不満を挙げるならば、隠しダンジョンや隠しボスが追加されなかったのは残念だった。

SFC版ですでに隠しダンジョンがあったからかもしれないが、そこから更に追加されていれば文句無しだった。

5位 「スターオーシャン Till the End of Time」

スターオーシャンシリーズの3作目。

相変わらず戦闘が面白く、「小攻撃」「大攻撃」「プロテクト」が3すくみの関係となったシステムが秀逸。

また今作ではHPだけでなく、MPが0になっても戦闘不能になるのが斬新だった。

ストーリーも、途中まではとても面白い。

…そう、途中までは。

というのもこのゲーム。ストーリー終盤に驚愕の展開となるたのだが、その展開がスターオーシャンシリーズ全体に関わってくるものとなる。

その展開が「これまでの歴史や歩みは何だったんだ?」と思うような内容であり、かなり困惑した。

この展開さえ無ければ、もっと評価が高い作品だったのになぁ…。

終わりに

いかがでしたか?

個人的に、プレステ2で面白かったRPGランキングをお送りしました。

こうして見ると、全てスクエニの作品ですね。

やはりRPGと言えばスクエニが強いです。

ランキングには入っていませんが、テイルズとかも好きでした。

プレステ2と言えば、より進化したグラフィックが印象的だと思います。

プレステ1からの変化は凄かった…。

ハードのデザインも格好良いし、爆発的に売れたハードでしたね。

思い入れのある人も多いのではないでしょうか。

それではまた。

ゲームに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク