「ろくでなしBLUES」キャラ強さランキングTOP10!【果たして最強は誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

ろくでなしBLUESと言えば、これまでに沢山の強者が登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだろくでなしBLUESキャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【ろくでなしBLUESキャラ強さランキングTOP10】

1位 「川島 清志郎」

極東の頭であり、大阪抗争編のボス

強者揃いのろくブルの中でも頭1つ抜けており、

「片手の指だけで10円玉を曲げる」

「巨漢の上山を軽々持ち上げる」

などの圧倒的な描写が目立つ。

最後は主人公補正のかかった前田に負けたが、実際は川島が1位だろう。

2位 「葛西」

池袋正道館高校の頭であり、東京四天王の1人

東京四天王という括りを嫌い、同じ四天王である鬼塚と薬師寺を圧倒した。

前田にも初戦は完勝している。

こちらも主人公補正のかかった前田に負けているが、純粋な強さは葛西の方が上だと思う。

3位 「原田 成吉」

ボクシングにおける前田の最大のライバル。

喧嘩はしないが、ボクシングで前田に勝っている事からこの辺りの順位が妥当かと。

最終回では世界チャンピオンになっていた。

4位 「前田 太尊」

この漫画の主人公。

強いことは強いが、主人公補正で勝つ事が多い。

キレると関西弁になるのが特徴的。

5位 「鬼塚」

渋谷楽翠学園の頭であり、東京四天王の1人

ランチコートがお気に入りである。

当初は極悪非道だったが、前田に負けてからは頼り甲斐のあるキャラとなった。

「ROOKIES」の新庄に似ている。



スポンサーリンク

6位 「渡嘉敷」

横浜帝拳高校のボクシング部員。

かなりの実力者であり、ボクシングで前田に勝利している。

ボクシングだけでなく空手の実力も高い。

二戦目では前田に敗北したが、強さ的には四天王に匹敵すると思われる。

7位 「薬師寺」

浅草笹崎高校の頭であり、東京四天王の1人

四天王ではあるが、葛西にボコボコにされたり大阪抗争編では苦戦する事が多かったりと、四天王の中では最弱だと思われる。

8位 「白井 隆人」

横浜進光工業高校の頭であり、プロボクサーでもある。

通称「サリー」。

作中でもトップクラスに残虐性が高いキャラ。

鉄の扉を凹ませる程のパンチ力を持つが、前田には完敗した。

9位 「辰吉 保栄」

川島の前の極東高校番長。

前田が大阪にいた頃のライバルであり、テコンドーの使い手。

初期の頃の強キャラといった感じである。

10位 「上山」

渋谷楽翠学園のNo.2。

非常に巨漢であり、ボディ攻撃が通用しない。

鬼塚の時代は終わった」と発言しており、鬼塚より強いんじゃないかと噂される事もある。

終わりに

以上、ろくでなしBLUESキャラ強さランキングをお送りしました。

個人的に選んだランキングは以上の様になります。

前田を1位にするかどうかは見解が分かれるところですね。

好みに左右されると思います。

それにしても、ろくブルは良い漫画でしたね。

魅力的なキャラばかりでした。

それが、連載終了から20年以上経つ現在でも名作として語り継がれている理由でしょうね。

皆さんの好きなキャラはどんな感じでしょうか?

それではまた。

ろくでなしブルースに関するこれまでの記事一覧はこちら




スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク