龍が如くシリーズで好きな戦いランキングTOP5!【果たして1位はどの戦いか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

龍が如くと言えば、これまでに沢山の死闘が繰り広げられましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ龍が如くシリーズで好きな戦いランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【龍が如くシリーズで好きな戦いランキングTOP5】

1位 「桐生 一馬vs郷田 龍司」

「龍が如く2」におけるラストバトル。

「堂島の龍」vs「関西の龍」という龍対決でもある。

龍が如くシリーズで最高のラスボスとの呼び声が高い龍司との戦いは死闘を極めた。

その戦いは最早どちらが本物の龍かを決めるといったものではなく、己の生き様をかけて戦っている様にも思える。

龍が如くの戦いを語る上で、やはりこの戦いは外せないだろう。

2位 「桐生 一馬vs峯 義孝」

「龍が如く3」におけるラストバトル。

一見するとインテリヤクザである峯だが喧嘩はかなり強く、神田を一方的に叩きのめす程。

この戦いでは辛くも桐生が勝利したが、その疲労度は他に類を見ない程であった。

戦いの後、ケジメをつける為にリチャードソンと共に自ら身を投げたのも印象的。

暴走しなければいずれは東城会七代目になれたかもしれないのに、惜しい人物を亡くしたものである。

3位 「桐生 一馬vs風間 譲二」

「龍が如く3」における戦い。

風間新太郎の実弟であり、CIAの一員である人物。

老齢ながらその実力は非常に高く、桐生を苦しめた。

戦闘後は、気流に「あんたが若かったら勝てたかどうか分からない」と言わしめている。

体術だけでなく、銃の腕も一級品であった。



スポンサーリンク

4位 「桐生 一馬vs錦山 彰」

「龍が如く」におけるラストバトル。

無二の親友同士であった2人が死闘を繰り広げるのは、見ていて複雑なものがあった。

神宮や100億円と共に自爆した錦山の姿が印象的。

堂島組長の件さえなければ親友のままでいられたかもしれないのに残念である。

5位 「桐生 一馬vs秋山駿・谷村 正義」

「龍が如く4」における戦い。

主人公同士、更には1対2という戦いがとても印象的であった。

それにしても2人の実力者を同時に相手して完勝する桐生って…。

改めて彼の強さを見せつけられたと言えるだろう。

終わりに

以上、龍が如くシリーズで好きな戦いランキングをお送りしました。

いずれも記憶に残る戦いばかりですね。

果たして今後はどんな名勝負が繰り広げられるでしょうか?

要注目ですね。

それではまた。

龍が如くシリーズに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク