仕事に行きたくないなら行かなくて良い4つの理由【果たしてその理由とは?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

仕事ってホント嫌ですよね。

最悪ですよね。

行きたくないですよね。

そんな時は、思いきって休んでしまいましょう。

行かなくて良いです。



スポンサーリンク


では何故そんな事が言えるのか?

今回は、その理由についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。

【仕事に行きたくないなら行かなくて良い理由】

理由①「防衛本能」

仕事に行きたくないということは、何か嫌な事があるという訳ですよね。

その嫌な事から身を守る為に、行きたくないという感情が湧くという訳です。

つまり、「生物としての防衛本能」が働いている訳ですね。

この防衛本能に抗い続けるのは、肉体的にも精神的にも好ましくありません。

なので、まずは生物としての防衛本能に身を任せましょう。

理由②「息抜きも必要」

世の中には、

「嫌な事があるくらいで休んだら、休み癖が付く」

「仕事なんだから我慢すべき」

とかいう輩がいますね。

こういう奴らの言う事など無視しましょう。

何があっても休まずに働き続ける自分格好良い」とか勘違いしている只の社畜ですから。

本当に休みたい時は休む、それが人間としての在るべき姿です。

休む時は思いっきり休んでリフレッシュし、エネルギーを充電する。

それが大事なのは言うまでもないでしょう。



スポンサーリンク

理由③「1人ぐらい居なくても大丈夫」

よく、「休んだら他の人に迷惑がかかるから休めない」という人がいます。

というか、世の中のほとんどの人はこの様な考えなのではないでしょうか?

しかし、この考え方は非常に危険な考え方だと言えるでしょう。

私達には、労働をする上で認められた有給休暇というものを所持しています。

これをいつ行使するかはその人の自由なんです。

他の人の事など関係ありません。

そんな事を考えていたら、いつまで経っても休めませんよ。

確かに、貴方が休めばその分誰かに負担はかかるかもしれません。

でも、それが何故「迷惑」になるのでしょうか?

組織で働いている以上、それはお互い様だと思います。

そもそも貴方1人休んだくらいで他の人に迷惑がかかるとすれば、それは組織としての運営がなっていないという訳で。

誰かが休むことについて迷惑だとか言いがかりつけていないで、まずは組織改革をすべきですね。

理由④「休んでじっくり考える」

行きたくないという気持ちが時々なのか?

それとも毎日なのか?

それによって、対応も変わって来ると思います。

もし毎日毎日行きたくないのなら、その仕事を辞めるのも選択肢の一つです。

そんな嫌な仕事を一生続けるのは、正直言って無理でしょう。

なので、一度休んで今後の事をじっくり考える事も大事だと言える訳です。

終わりに

以上、仕事に行きたくないなら行かなくて良い理由についてお送りしました。

仕事を休んでも死ぬ訳じゃありません。

行きたくない時は思いきって休みましょう。

周りの雑音ばかりに耳を傾けてはいけません。

本当に仕事に行きたくない時は、心がSOSを出しているのです。

そんな自分の心の声に耳を傾ける事も大事ではないでしょうか。

今回の記事が、悩んでいる貴方の心の負担を少しでも軽くしますように…。

それではまた。

仕事に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク